toyonaka international center

リサイクル寄付チラシ2

↓クリックで応援してください↓

NPOを無料で簡単に支援できる!| gooddo(グッドゥ)

デザイン5

イベント

哲学カフェ ポスター

PDF版はこちら

女性のための哲学カフェ in とよなか国際交流センター 「ともだち とは?」 私たちは日々、様々な人々に囲まれて暮らしています。
家族。仕事仲間。ともだち。
ところで、いったい、私たちはどのような人のことを「ともだち」というのでしょう?
女性だけの空間で、ゆったりと対話を重ねながら、一緒に考えてみませんか。

○とき:10月27日 (土) 10:30 〜 12:30
○ばしょ:とよなか国際交流センター内 BBルーム

○進行役 : 萩野彩香 (大阪大学文学研究科)
○定員 : 10名(じぶんが女性であると思う方のみ)
○参加費:なし
○備考:電話で予約可。保育あり(要予約)

◯申し込み・お問い合わせ
公益財団法人とよなか国際交流協会 (指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601 (エトレ豊中6階)
Tel: 06-6843-4343 (担当:トーマス)
◯主催:とよなか国際交流センター&カフェフィロ
◯協力 大阪大学大学院文学研究科 臨床哲学研究室

一周エクアドル

PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
10月「エクアドルを知ろう!」 
南米に位置し赤道がとおっている国、エクアドル。
有名なガラパゴス諸島もエクアドルにあるんです。
エクアドルの素敵なお話をきいて
楽しい遊びを一緒に体験してみよう!

日時:10月27日(土)10~12時
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小・中学生(保護者同伴可)
定員:15人(10月23日(火)までに要申込・先着順)
参加費:300円(材料費)
持ち物: 筆記用具、飲み物
講師:フロール カラビア サンティアゴ さん

【主催】とよなか国際交流センター
【申込み・問合せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)電話:06-6843-4343  E-mail:atoms@a.zaq.jp

フェアチラシ表面-1

フェアチラシ表面-2

PDF版はこちら

外国人のための防災フェア ~Disaster Preparation Fair~ 6月に「じしん」と 9月に「たいふう」があり、みなさんは たいへんおどろいたと おもいます。
10月20日(土)に「じしん」や「たいふう」などの さいがいのときにどうすればいいかを、いっしょに まなびませんか。

☆日時:10月20日(土)10:00~14:00
☆場所:人権まちづくりセンター
☆雨でもします

防災教室 Disaster Preparation class
多言語生活相談 Life Consultation
炊出し体験 Emergency Preserved Food
地震・火事体験 Earthquake&Smoke Experience
展示コーナー Exhibition Booth
他にも、ごみの分け方教室やスタンプラリーや自然体験コーナーなどもあります。帰りにお土産もあるよ。

主 催:豊中市、公益財団法人とよなか国際交流協会、大阪大学大学院国際公共政策研究科グローバルリスクソリューションズセンター
協 賛:ESDとよなか連絡会議、NPO法人国際交流の会とよなか(TIFA)
協 力:大阪弁護士会、豊中市青少年自然の家 わっぱる
連絡先:とよなか国際交流センター TEL:06-6843-4343、E‐mail:atoms@a.zaq.jp

20181006公開講座チラシ
PDF版はこちら

日本“伝統文化”から考える異文化間コミュニケーション 訪日外国人観光客が過去最多を更新し、東京オリンピックが2年後にせまるなか、日本文化を改めて意識した人も多いのではないでしょうか。2016年リオ五輪閉会式トーキョー・ショーやパラリンピック閉会式では、日本の伝統芸能とポップカルチャー、最新技術が融合したパフォーマンスが世界に発信されました。
日本の「伝統」は各国の現代人にどのように理解されているのか―ヨコタ教授が、能からJ-POPまで多様なジャンルに潜む神話やシンボル、メタファーに着目し、「伝統」について考える新たな視座を与えてくれます。

日時:10月6日(土)
10:30~12:30
講師:ヨコタ ジェリーさん
(大阪大学大学院言語文化研究科 教授)

■会場:とよなか国際交流センター
阪急豊中駅直結「エトレ豊中」6F
(大阪府豊中市玉井町1-1-1-601)
■参加費:無料
■定員:一般 20人(要申込、先着順)
※この講座は「日本語ボランティア養成講座」の第3回目として実施されますが、公開講座のため、関心のある方はどなたでもお越しいただけます。
■主催: とよなか国際交流センター
■申込・問合先:
公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
TEL 06-6843-4343/FAX 06-6843-4375
E-mail atoms@a.zaq.jp (水曜休館)

2018日本語V養成講座ちらし 
PDF版はこちら

2018年度 日本語ボランティア養成講座 ☆第1回☆9月22日(土)10時30分~12時30分
「ともに生きる社会をつくる~クロスベイスの生い立ちと取組みから」
講師: 金和永さん(特定非営利活動法人クロスベイス職員)
☆第2回☆9月29日(土)10時30分~12時30分
「ボランティアの基本のき」
講師:林寛人さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会職員)
☆第3回☆ 公開講座 ☆10月6日(土)10時30分~12時30分
「日本“伝統文化”から考える異文化間コミュニケーション」
講師:ヨコタ・ジェリーさん(大阪大学大学院言語文化研究科教授)
☆第4回☆10月13日(土)10時30分~12時30分
「日本語交流活動のあゆみととよなか国際交流協会の取組み」&「ボランティア交流会」
講師:山野上隆史(とよなか国際交流協会理事・事務局長)/日本語ボランティアの皆さん

参加資格
全回参加可能で、講座終了後に協会日本語事業(以下の①~④)のいずれかの活動及びミーティングに参加できる方。
(ミーティングは活動終了後30分~1時間程度。頻度は活動によって異なります。)
①もっともっとつかえるにほんご(月曜日10:00~12:00)
②とよなかにほんご 木ひる(木曜日13:30~15:30)
③とよなかにほんご 金あさ(金曜日10:30~12:00)
④にちようがちゃがちゃだん(日曜日10:00~12:00、ただし第1日曜日は休み)
※②、③は子ども連れでの参加も可能です(保育あり)
※講座終了後、活動見学期間があります。
※講座終了後、日本語事業に参加する際、賛助会員への登録をお願いします。(年会費3,000円)

参加費: 1000円(全4日)/保育有(首のすわった0歳から、無料、要事前申込)
受付開始: 2018年9月3日(月) 9:00~ (電話,来館で申し込んで下さい。希望活動曜日もお伝えください。)
定員: 各活動5人程度(先着順 全体で20人)
主催・会場: とよなか国際交流センター(阪急豊中駅すぐ、「エトレ豊中」6階)
申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者) TEL:06-6843-4343 (水曜休館)
大阪府豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階

世界~にほんりょうり~

PDF版はこちら

がいこくじんのためのにほんりょうりたいけん JAPANESE HOME COOKING FOR FOREIGNERS
外国人(がいこくじん)のための日本(にほん)料理(りょうり)の体験(たいけん)教室(きょうしつ)です。
簡単(かんたん)だけど、とても美味(おい)しい家庭(かてい)料理(りょうり)を一緒(いっしょ)に作(つく)ってみませんか?

メニュー : Menu
・揚(あ)げ鶏(どり)の生姜(しょうが)だれからめ:Fried chicken with Ginger source
・ポテトサラダ(ぽてとさらだ): Potato Salad
・ピーマン(ぴーまん)の焼(や)き浸(びた)し: Simmered Baked Green Peppers
・トマト(とまと)そうめん: Tomato and Soumen※ Soup
・白(しろ)ご飯(はん): Rice
※ Soumen is Japanese very thin noodle made of wheat flour.

日時(にちじ):9月(がつ)27日(にち)(木(もく))10時(じ)~13時(じ)
場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
費用(ひよう):800円(えん)
定員(ていいん):15人(にん)(申込先(もうしこみせん)着順(ちゃくじゅん))
申込(もうしこみ)締切(しめきり):9月(がつ)23日(にち)(日(にち))
持(も)ちもの:エプロン、バンダナ、食器用(しょっきよう)の布巾(ふきん)
保育(ほいく)あり(一人(ひとり)につき200円(えん)、申(もう)し込(こ)みが必要(ひつよう)です)
※通訳(つうやく)はありませんが、かんたんな日本(にほん)語(ご)でお話(はな)しします。

【申(もう)し込(こ)み、問(と)い合(あ)わせ】公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
〒560-0026 豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601「エトレ豊中(とよなか)」6階(かい)
Tel:06-6843-4343  Email:atoms@a.zaq.jp  (担当(たんとう):おおば、やまね)
【主催(しゅさい)】 とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター

シネマカフェ「ベッカムに恋して」
PDF版はこちら

国流シネマカフェ『ベッカムに恋して – Bend It Like Beckham – 』 【あらすじ】ロンドン郊外に住む18歳の少女ジェスは、厳格なインド系シク教徒の家族に反対されながらも、大好きなサッカーで選手になる夢を追いかける。自分のルーツである親の文化と宗教と、育った環境であるイギリス社会の間で板挟みになる移民の子どもたちのストーリー。

◎日 時:2018年 9月29日(土)17:30~20:00
◎場 所・主 催:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601: 阪急豊中駅前 エトレ豊中6階)
◎費 用:無 料
◎定 員:20人(申込先着順)
◎申込み・問合せ 公益財団法人とよなか国際交流協会 (センター指定管理者)
Tel 06-6843-4343 Fax 06-6843-4375 E-mail atoms@a.zaq.jp

国流フェスタチラシ(最終)
国流フェスタチラシ裏
PDF版はこちら

とよなか国際交流フェスタ 「世界と出会おう!ふれ合おう!味わおう!」をテーマに
今年も開催いたします!お楽しみに!!

日時:9月8日(土)10:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター ( 阪急豊中駅前「エトレ豊中」6階)
入場無料!

☆世界や日本の食べ物・飲み物販売(11:30~)
☆バザー
☆福祉のお店
☆とよなか国際交流センター登録グループの発表
☆外国人(がいこくじん)のための茶道(さどう)体験(たいけん)
☆子ども向けゲームコーナー
☆民族衣装&楽器体験

【お問い合わせ】 主催:とよなか国際交流フェスタ実行委員会
公益財団法人とよなか国際交流協会 (指定管理者)
〒560-0026豊中市玉井町1-1-1-601 Tel:06-6843-4343 E-mail:atoms@a.zaq.jp

●同日開催●
☆「市民活動ジャンプフェスタ」12~17時
※雨天順延9月15日(土)
場所:きたしん豊中広場(阪急豊中駅前広場)
内容:市民活動団体による活動PR(ステージ発表、体験など)

☆「すてっぷライブラリーまつり2018」10~16時
場所:すてっぷ情報ライブラリー(エトレ豊中5階)
内容:リサイクル本配布、絵本の聞かせなどイベント多数

おばけチラシ3
PDF版はこちら

世界のお化け屋敷 あなたは、「おばけ」と聞いて何を思い浮かべますか?
白い幽霊、ろくろ首、口裂け女……
今年のこくりゅうは、そんなあなたの
想像を超えるお化けたちが、世界各国から
エトレ豊中の6階に集まるんだそうな、、。
暑い夏にひんやりする出会いが、
手招きしてあなたを待っている、、、。

2018年8月19日(日) 13:30~16:30
(最終受付 15:30)
会場 とよなか国際交流センター
阪急豊中駅すぐ エトレ豊中6階
入場料 100円 (申込不要・お菓子付き)

※注意事項※
・未就学児は保護者またはおとなの付きそいが必要です。
・お二人以上での参加をオススメします。
・カメラ・携帯の撮影は禁止です。
・歩きやすいくつ、服装でおこしください。
・盗難・紛失については一切責任を負いません。ご承ください。

主催・問合せ:とよなか国際交流センター
06-6843-4343 担当:三木、安藤、山野上

721考古学
PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
8月「ドキドキ考古学」 
夏休みの自由研究にもピッタリな
体験型プログラム!
弥生時代のものと同じ石で
石庖丁(稲穂をつみ取る道具)を作ってみませんか?
考古学博士の楽しいお話をききながら
「むかし」へタイムスリップしてみよう!

日時:8月18日(土)10~12時
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小・中学生(保護者同伴可)
定員:15人(8月14日まで要申込・先着順)
参加費:300円(材料費)
持ち物: 軍手、筆記用具、飲み物
服装:よごれてもいい服

【主催】とよなか国際交流センター
【申込み・問合せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話(でんわ):06-6843-4343
E-mail:atoms@a.zaq.jp (担当:おおば)

日本の災害 多言語ちらし-1

日本の災害 多言語ちらし-2

PDF版はこちら

がいこくじん の ための べんきょうかい 「にほん での さいがい と そなえ に ついて」 日本は地震(じしん)やなど、自然災害(しぜんさいがい)の多(おお)い国(くに)です。そして、災害(さいがい)は突然(とつぜん)やってきます。
このセミナーでは、日本(にほん)の災害(さいがい)について学(まな)びます。また、普段(ふだん)から準備(じゅんび)しておくべきことや、知(し)っておくべきことを学(まな)びます。あなた自身(じしん)や家族(かぞく)を守(まも)るために、ぜひ 参加(さんか)してください。
※おみやげと、参加証明書(さんかしょうめいしょ)が もらえます。
★つうやく が あります ★おかね は いりません ★よやく も いりません。

日時(にちじ):2018年(ねん)7月(がつ)27日(にち)(金)(きんようび)13:00~15:00
参加費(さんかひ):無料(むりょう)
講師(こうし):塚本俊也(つかもととしや)さん(大阪大学(おおさかだいがく)
場所(ばしょ):とよなか国際交流(こくさいこうりゅう)センター(せんたー)※阪急(「豊中」駅前 エトレ豊中(とよなか)6F
電話番号(でんわばんごう)06-6843-4343
★こどもと いっしょに 参加(さんか)できます。

シネマカフェJSA

PDF版はこちら

国流シネマカフェ『JSA(共同警備区域)』 南北首脳会談と米朝首脳会談が行われた今だからこそ、あらためて観たい作品!

◎日 時:2018年7月28日(土)17:30~20:00
◎場 所・主 催:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601: 阪急豊中駅前 エトレ豊中6階)
◎費 用:無 料
◎申込み・問合せ 公益財団法人とよなか国際交流協会 (センター指定管理者)
Tel 06-6843-4343 Fax 06-6843-4375 E-mail atoms@a.zaq.jp
 

一周ルーマニア

PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
7月「ルーマニアへようこそ!」 
東ヨーロッパにある歴史ある国、ルーマニア。
子どもたちはどんな風に過ごしているのかな?
どんな遊びがあるのかな?
マリアさんにきいてみよう!
ルーマニアのおやつ作りも一緒に体験してみよう。

日時:7月21日(土)10~12時
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小・中学生(保護者同伴可)
定員:15人(要申込・先着順)
参加費:300円(材料費)
持ち物: エプロン、三角巾、食器用ふきん、筆記用具、飲み物
講師:ポポヴィッチ・マリア さん
【主催】とよなか国際交流センター
【申込み・問合せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話:06-6843-4343 E-mail:atoms@a.zaq.jp(担当:おおば)

多文化共生入門ちらし

PDF版はこちら

多文化共生入門
~外国人の現状と、とよなか国際交流協会の取り組みを知る~
今、日本では240万人を超える外国籍の人たちが暮らしており、豊中にも約5300人が暮らしています。その数は年々増加し、半数以上は日本に定住している人たちです(※永住者、特別永住者、定住者等)。
この講座では、「外国人はこれから増えるのか?地域で外国人がどのような状況におかれ、どのような課題をかかえているのか?外国人と共に暮らすとは?地域ではどのような取り組みがすすめられているのか?」などについてお話します。関心がある方はどなたでもご参加いただけます。相談や聞きたいことがある方も大歓迎!お気軽にお越しください!

参加費無料・申込不要

とき:2018年7月13日(金)13:30~15:00
※終了後個別にお話しをすることもできます。

ところ: とよなか国際交流センター コミュニケーション・コモンスペース

講師:山野上隆史(とよなか国際交流協会 理事・事務局長)

定員:50人(当日先着順)
会場アクセス:とよなか国際交流センター
(阪急豊中駅直結「エトレ豊中」6階)
〒560-0023 豊中市玉井町1-1-1-601
 
お問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会
電話:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375
E-mail:atoms@a.zaq.jp URL:http://a-atoms.info
※講師派遣(研修会や会合での話題提供など)についてもお気軽にご相談ください。

世界~ペルー編~

PDF版はこちら

世界を食べよう~ペルー編~ 今 世界中の美食家に絶賛され 注目を浴びているペルー料理。
ペルー出身のロサさんと一緒に、風味豊かなペルー家庭料理を楽しく作って味わってみませんか。

メニュー
Aji de pollo (アヒデポヨ:鶏肉のペルー風カレー ゆで卵を添えて)
Arroz (アロス:ごはん)
Ensalada (エンサラダ:ペルー風サラダ)
Té (手作りシナモンティー)

日時:6月28日(木)10時~13時
場所:とよなか国際交流センター
費用:2,000円
定員:15人(申込先着順)
申込締切:6月24日(日)
持ちもの:食器用布巾、エプロン、三角巾(バンダナ)

【申し込み、問い合わせ】 公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階
Tel:06-6843-4343  Fax:06-6843-4375 (担当:おおば、やまね)
【主催】とよなか国際交流センター

がらくた養成講座チラシ
PDF版はこちら

子どものための 学習支援ボランティア養成講座2018 子どもに関わるボランティアを10名募集します!

とよなか国際交流協会では豊中市くらし支援課の委託を受けて子どもの学習支援を行っています。この子ども学習支援は“子ども学習広場 『学楽多(がらくた)』”の名称でしょうないガダバ(毎週火曜 16:30~21:00)と、とよなか国際交流センター(毎週金曜 17:00~20:00)で開催しています。『学楽多』では学校の宿題やわからないところを勉強したり、実験や調理、ゲームなどをしたりして、子どもたちが安心して通える場を目指して活動しています。
今回は、学習支援のボランティア募集に伴い養成講座を開催します。養成講座では子どもたちがおかれている状況や必要な支援、多様な子どもたちが安心して集える場の重要性を、実践されている方々からお話いただきます。子どもの学習支援に関わってみようと思われる方はぜひご参加ください。

5月18日(金)15:00から17:00
公開講座「こどもは水先案内人」
講師 阿部寛さん(社会福祉士・生存戦略研究所研究員)

5月25日(金)15:00から17:00
公開講座「こどもが生きる力を守る
-安心とこどもの最善の利益を考える」
講師 荘保共子さん(NPO法人こどもの里 理事長)
※5月25日は講座終了後『学楽多』の見学会があります。希望者は当日お申し出ください。

定員: 40人程度(先着順 実際に活動に関わっていただく方は10名程度です)
主催・会場: とよなか国際交流センター(阪急豊中駅すぐ、「エトレ豊中」6階)
申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者) TEL:06-6843-4343(水曜休館)
大阪府豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階
(担当:山野上・金・トーマス)

180512哲学カフェ_チラシ

PDF版はこちら

哲学カフェ in とよなか国際交流センター
「ひとりで居たいのはどんなとき? 」
進行役の佐々木は、ひとりでいることが多いです。
ひとりでいることは自分で選んでいるはずなのですが、
ふとした瞬間に、ひとりでいることがとてもつらく感じたりします。
これはただのワガママなのでしょうか?
“ひとり”について、参加者の“みなさん”と一緒に考えます。

とき:5月12日(土)14:00~16:00
ばしょ:とよなか国際交流センター C.C.スペース

○進行役 : 佐々木大輔 (大阪大学文学部)
○定 員 : 15名
◯申し込み・お問い合わせ(申し込み開始は5月1日からです)
公益財団法人とよなか国際交流協会 (指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601 (エトレ豊中6階)
Tel: 06-6843-4343 Fax: 06-6843-4375
E-mail: atoms@a.zaq.jp (担当:トーマス)

◯主催 とよなか国際交流センター&カフェフィロ
◯協力 大阪大学大学院文学研究科 臨床哲学研究室

2018多文化子育て支援ボランティア養成講座

PDF版はこちら

多文化子育て支援ボランティア養成講座 ※日時:【第1回】5月10日(木)10:00~12:00
【第2回】5月17日(木)10:00~12:00
【第3回】5月24日(木)10:00~12:00

参加対象者:●上記の講座に全回参加可能で、講座終了後、多文化子育て支援ボランティア活動(以下の①~④)のいずれかに参加できる方。
ただし、①②③は就学前や小学生の子どもがいる方(女性)で、④は保育士資格をお持ちの方。(*保育活動は日本語で行っています)
●ボランティア登録時に、とよなか国際交流協会の基本理念に賛同し、賛助会員になっていただける方(賛助会員費3,000円/年)

<今回募集する多文化子育て支援ボランティア活動>(活動日時、活動場所)
①「しょうない・おやこでにほんご」(毎週火曜10:00~12:00、庄内図書館)
②「おかまち・おやこでにほんご」(毎週火曜10:00~12:00、岡町図書館)
③「せんり・おやこでにほんご」(毎週火曜10:00~12:00、千里図書館)
④「多文化子ども保育にこにこ」(毎週金曜10:30~12:00、とよなか国際交流センター)
定員:①~④各10人程度(要申込み・先着順)

受付開始日:4月23日(月)9:00~必ず電話か来館にてお申し込み下さい。
※お申込みの際に、上記いずれかの希望活動名を伝えて下さい。
一時保育(無料):あり(首のすわった乳児~就学前)子どもと一緒の受講もOK!

参加費:1,000円(全3回分、講座初回に現金でご持参下さい)
申込み・問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
場所・主催:とよなか国際交流センター 
(豊中市玉井町1-1-1-601阪急豊中駅前「エトレ豊中」6階)
電話:06-6843-4343(毎週水曜日は休館日)

2018通訳者スキルアップ&交流チラシ(ネパール)表面

2018通訳者スキルアップ&交流チラシ(ネパール)裏面申込書

PDF版はこちら

ネパール語通訳者のための スキルアップ研修&交流会 全国的にネパール人の数は急増しており、日本の在留外国人の第6位(2016年)となり、近畿地方においても5000人近くが暮らしています。日本に定住するネパール人の増加に伴い、様々な領域で通訳ニーズも増えています。
この度、ネパール語通訳に携わる方々とつながり、地域のネパール人の抱える課題を共有すると共に、通訳現場で求められるスキルについても実践的に学ぶ場を設けました。ネパール語通訳・翻訳の第一線で活躍する野津治仁さんをゲストにお迎えし、様々な視点からご意見、アドバイスをいただきます。
通訳者としてスキルアップしたい方、地域のネパール人の現状について知りたい方、通訳者の横のつながりがほしい方・・・ご参加をお待ちしております。

日時:2018年5月26日(土)13:00~16:30

内容:【第一部】「つながろう!」13:00~14:30
1.在日ネパール人の現状と課題(発題者:山本愛)
2.意見交流会
・通訳の目を通してみえるネパールの人たち
・ネパール語あれこれ など
【第二部】「ふかめよう!」14:40~16:30
1.通訳演習(※主に司法分野で予定)
2.ふりかえり
※一部、二部どちらかだけのご参加も可能です。

ゲスト:野津(のづ)治仁(はるひと)さん
(ネパール語通訳・翻訳者)
進行:山本 愛(協会事務局次長)

参加資格:ネパール語通訳の経験がある方(経験年数は不問)
参加費: 1500円
申込み方法: 申込書に必要事項を記入の上、FAX・郵送・持参して下さい。もしくは必要事項をEメールでお送り下さい。
定員: 18人(先着順)
主催:公益財団法人とよなか国際交流協会
会場:とよなか国際交流センター
(阪急豊中駅直結、「エトレ豊中」6階)
申込・問合せ先: 公益財団法人とよなか国際交流協会 ℡:06-6843-4343 (水曜休館)
大阪府豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階 E-mail: atoms@a.zaq.jp

子ども~思春期の性のことを考える(3月23日)
PDF版はこちら

子(こ)ども~思春期(ししゅんき)の性(せい)のことを考(かんが)える
【日本(にほん)に暮(く)らす外国人(がいこくじん)のための多言語(たげんご)勉強会(べんきょうかい)&健康(けんこう)相談会(そうだんかい)】
性(せい)に関(かん)する教育(きょういく)は学校(がっこう)ではなかなか進(すす)んでおらず、思春期(ししゅんき)の子(こ)ども達(たち)が情報(じょうほう)を得(え)ようとしても、誤(あやま)った情報(じょうほう)がメディアを通(とお)して氾濫(はんらん)している状態(じょうたい)です。性(せい)・生(せい)について学(まな)んだ子(こ)どもたちは、自分(じぶん)の気持(きも)ちとからだを大切(たいせつ)にし、他者(たしゃ)の気持(きも)ちとからだをも大切(たいせつ)にできます。このセミナーでは、性(せい)の知識(ちしき)と、生命(せいめい)の大切(たいせつ)さを人権(じんけん)の視点(してん)から考(かんが)えます。
セミナー(せみなー)終了後(しゅうりょうご)に、保健師(ほけんし)や心理士(しんりし)による、個別(こべつ)の無料(むりょう)健康(けんこう)相談(そうだん)会もあります。ぜひご参加(さんか)下(くだ)さい!

日時(にちじ):2018年(ねん)3 月(がつ)23 日(にち)(金曜日(きんようび))13:00 ~15:30

  ★参加費(さんかひ)無料(むりょう)!★

●勉強会(べんきょうかい) 13:00~14:30
●保健師(ほけんし)、臨床(りんしょう)心理士(しんりし)による個別(こべつ)相談会(そうだんかい) 14:45~15:30
 (相談会(そうだんかい)の受付(うけつけ)は14:30~開始(かいし))

場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー) (豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601/阪(はん)急豊中駅(きゅうとよなかえき)西(にし)隣(どなり)「エトレ(えとれ)豊中(とよなか)」6F)

講師(こうし):北野(きたの)真由美(まゆみ)さん(えんぱわめんと堺(さかい)/ES)

対象(たいしょう):外国人(がいこくじん)
(小学生(しょうがくせい)の子(こ)どもと親子(おやこ)で聞(き)ける性(せい)の話(はなし)が14:00~14:30にあります。興味(きょうみ)のある人(ひと)は親子(おやこ)で参加(さんか)できます)

※講義(こうぎ)は日本語(にほんご)。中国語(ちゅうごくご)、韓国(かんこく)・朝鮮語(ちょうせんご)、フィリピノ語(ふぃりぴのご)、タイ語(たいご)、スペイン語(すぺいんご)、ポルトガル語(ぽるとがるご)、英語(えいご)、インドネシア語(いんどねしあご)、ベトナム語(べとなむご)、ネパール語(ねぱーるご)の通訳(つうやく)があります(無料(むりょう)、要予約(ようよやく))。

※保育(ほいく)あり(未就学児(みしゅうがくじ)&小学生(しょうがくせい)対象(たいしょう)、無料(むりょう)、要予約(ようよやく))

主催(しゅさい):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)/NPO法人(ほうじん)CHARM
協力(きょうりょく):豊中市(とよなかし)保健(ほけん)センター(せんたー)
申(もうし)込(こ)み・問(とい)合(あわ)せ:とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
TEL: 06-6843-4343/E-mail : atoms@a.zaq.jp

20180303メディアリテラシーチラシjpeg

PDF版はこちら

メディアリテラシー講座~テレビの向こうの外国人~ テレビや新聞、インターネットなどのメディアから、私たちは日々膨大な情報を目にします。たとえば、テレビをつけると様々な外国人が映し出されます。モデルや役者、日本に旅行に来た旅行客や日本に住む外国人…。テレビの向こうの外国人はどのように映し出され、私たちの目にはどのように映っているのでしょうか。たくさんの情報を気軽に目にすることができる今、私たちに「情報を読み解く力(メディア・リテラシー)」が必要とされています。
本講座では「メディア・リテラシー」を初めて学ぶ方にもわかりやすい内容で進めていきます。さらに、講座を一貫するテーマとして、テレビ番組やCMの中で放送される「外国人」について、多様な視点から読み解いていきます。
参加者と楽しく話し合いながら進めていきます。初参加の方、メディアって何?という方も大歓迎です!皆さんのご参加をお待ちしています。

ひにち:2018年3月3日(土)
じかん:10:00~16:00
ところ:とよなか国際交流センター(豊中市玉井町1-1-1-601 阪急豊中駅直通エトレ豊中6階)
参加費:500円
保育あり(3月2日(金)までに要申込み)
講師:田島知之さん(京都府立大学非常勤講師)
主催・申込み:公益財団法人とよなか国際交流協会 (担当:トーマス)
TEL 06-6843-4343/Mail atoms@a.zaq.jp

20180226宮田隼さんチラシ

PDF版はこちら

居場所の可能性-富山「ひとのま」の実践に学ぶ- 今、なぜ「居場所」が必要とされているのか?
「支援者」に求められる姿勢や視点は何か?
富山県高岡市にある一軒家の「コミュニティハウスひとのま」には、さまざまな人が集まります。代表の宮田隼さんは「支援をしてあげる」のではなく「そばにいて一緒に考える」姿勢で、不登校の子どもや、行き場のないおとな、いろいろな生きづらさを抱える人たちを受け入れてきました。その取り組みは福祉の分野でも注目されています。
このセミナーでは、支援に関わる/関心のある人たちと共に、宮田さんの生き方や実践について知り、私たちが取り組むべき課題や、社会のあり方について共に考える機会とします。奮ってご参加下さい。

とき:2018年2月26日(月)14時~16時
ところ:とよなか国際交流センター(会議室2AB)
(大阪府豊中市玉井町1-1-1-601 阪急豊中駅前「エトレ豊中」6階)

講師:宮田隼さん
(コミュニティハウスひとのま代表/寺子屋みやた代表)
対象:子ども・若者支援に関わる人、テーマに関心のある人
定員:50人(要申込、先着順)
参加費:無料

チョアチョア2月

PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
2月「チョアチョアコリア・お正月体験編」 
今回は、韓国出身の講師と一緒に
旧正月(2月)のお祝い体験を行い、
軽食を食べながら楽しく交流します。
お隣の国の文化を体験しませんか?
※チョア チョア コリアは1年に数回、
様々なテーマを通して、韓国朝鮮の言葉や文化を
体験するプログラムです。

日時:2月25日(日) 10~12時
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小・中学生(保護者同伴可)
定員:15人(要申込・先着順)
参加費:400円(材料費)
持ち物:エプロン、三角巾、食器用ふきん、筆記用具、飲み物
講師:カン スギョン さん

20180216外国人のための確定申告相談会ちらし
PDF版はこちら

外国人(がいこくじん)のための確定申告(かくていしんこく)相談会(そうだんかい) 外国人(がいこくじん)のための税金(ぜいきん)・確定(かくてい)申告(しんこく)についての個別(こべつ)相談会(そうだんかい)。
多言語(たげんご)通訳(つうやく)があり、無料(むりょう)ですので、気軽(きがる)に相談(そうだん)しに来(き)て下(くだ)さい。
通訳(つうやく)は…
中国語(ちゅうごくご)、韓国(かんこく)・朝鮮語(ちょうせんご)、フィリピノ語(ふぃりぴのご)、タイ語(たいご)、スペイン語(すぺいんご)、ポルトガル語(ぽるとがるご)、英語(えいご)、インドネシア語(いんどねしあご)、ベトナム語(べとなむご)、ネパール語(ねぱーるご)

日時(にちじ):2018年(ねん)2月(がつ)16日(にち)(金(きん))13:30~15:30
場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)(阪(はん)急豊中駅(きゅうとよなかえき)すぐ、「エトレ豊中(とよなか)」6階(かい))
電話(でんわ):06-6843-4343
申込(もうしこ)み: 事前(じぜん)に時間の予約(よやく)をしてください。(おひとり20分(ぷん)まで、定員(ていいん):6人(にん)、先着順(せんちゃくじゅん))

主催(しゅさい):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー) 
申込(もうしこ)み・問合(といあわ)せ:公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1‐1‐‐601 
電話(でんわ):06-6843-4343(水曜(すいよう)休館(きゅうかん)) 
E-mail: atoms@a.zaq.jp

2017武道体験
PDF版はこちら

がいこくじんのための ぶどうたいけん Challenge★BUDOU

外国(がいこく)の方(かた)各回(かくかい)15人(にん)
¥0 お金(かね)はいりません
見学(けんがく)だけでも大丈夫(だいじょうぶ)です

☆空手道(からてどう)
1月(がつ)26日(にち)(金(きん))13:00~14:30
とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
☆剣道(けんどう)
2月(がつ)16日(にち)(金(きん))13:00~14:30
とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
☆合気道(あいきどう)
3月(がつ)4日(か)(日(にち))13:00~14:30
正泉寺(しょうせんじ)(豊中市(とよなかし)刀根山(とねやま)2-4-13)
※とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センターから歩(ある)いていきます
☆申込(もうしこ)み・問合(といあわ)せ
公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601エトレ(えとれ)豊中(とよなか)6F
☆TEL 06-6843-4343
主催(しゅさい)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)豊中市(とよなかし)スポーツ振興(しんこう)事業団(じぎょうだん)

20180216岡本
PDF版はこちら

日韓の間で考える“表現の不自由”と民主主義
―検閲、規制、自粛 と 抵抗―
韓国と日本の表現活動を取材し、支援している岡本有佳さんをお招きし、世界的にも注目される韓国の「ろうそく集会」についてお話を伺います。韓国の抵抗運動を知ることは、日本で生きる私たちが表現の自由と民主主義を考えるうえで意味のあることだと思います。参加者のみなさんと一緒に、これからの私たちの表現の可能性についても話し合えればと思います。多数ご参加ください。

とき:2018年2月16日(金)18時~19時半
ところ:とよなか国際交流センター(会議室2AB)
(豊中市玉井町1-1-1-601 阪急豊中駅前「エトレとよなか」6階)

講師:岡本有佳(おかもと ゆか)さん
編集者。文化企画。風工房主宰。Fight for Justice 日本軍「慰安婦」問題web サイト運営委員。表現の不自由展共同代表。東アジアのYASUKUNISM 展共同代表。

参加費:500円(資料代)
定員:50人(要申込、先着順)
主催:公益財団法人とよなか国際交流協会
「在日」女性の集まり「ミリネ」
申込・問合せ先:とよなか国際交流協会
電話06-6843-4343 FAX 06-6843-4375
E-mail atoms@a.zaq.jp
URL http://www.a-atoms.info/

外国人のための茶道20180204
PDF版はこちら

がいこくじんのための さどう たいけん 外国人のための茶道体験
Japanese Tea Ceremony for Foreigners

~お茶(ちゃ)を通(とお)して日本(にほん)文化(ぶんか)を楽(たの)しみましょう!~
お気軽(きがる)にご参加(さんか)ください。

Sunday, February 4, 2018【2月(がつ)4(よっ)日(か)(日)】
13:00~15:00

対(たい)象(しょう):外国人(がいこくじん)
参加費(さんかひ):1回(かい)300円(えん)(お茶(ちゃ)・お菓子代込(かしだいこ)み)
定(てい)員(いん):6人(にん)(先着順(せんちゃくじゅん))
申(もうし)込(こみ):センター(せんたー)の受付(うけつけ)か、電話(でんわ)でお申(もう)し込(こ)みください。
会場(かいじょう)・主催(しゅさい):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)
申込(もうしこ)み・お問合(といあわ)せ:公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
TEL 06-6843-4343
豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601(阪(はん)急豊中駅前(きゅうとよなかえきまえ)エトレ(えとれ)豊中(とよなか)6F)

【新】世界~日本~

【新】世界~日本~-2

PDF版はこちら

がいこくじんのためのにほんりょうりたいけん JAPANESE HOME COOKING FOR FOREIGNERS

外国人(がいこくじん)のための日本(にほん)料理(りょうり)の体験(たいけん)教室(きょうしつ)です。
煮物(にもの)やお味(み)噌(そ)汁(しる)など、よく食(た)べられる家(か)庭(てい)料(りょう)理(り)を作(つく)ります。
簡単(かんたん)だけど本格的(ほんかくてき)な和食(わしょく)を一緒(いっしょ)に作(つく)ってみませんか?

メニュー : Menu
・筑前煮(ちくぜんに): Chikuzen-ni (braised chicken and vegetable)
・小松菜の煮びたし(こまつなのにびたし): Simmered Japanese mustard spinach
・千枚漬け(せんまいづけ):Pickled Japanese Radish
・お味噌汁(おみそしる): Miso Soup
・白ご飯(しろごはん): Rice

日時(にちじ):1月(がつ)25日(にち)(木(もく))10時(じ)~13時(じ)
場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
費用(ひよう):1,000円(えん)
定員(ていいん):15人(にん)(申込先(もうしこみせん)着順(ちゃくじゅん))
申込(もうしこみ)締切(しめきり):1月(がつ)21日(にち)(日(にち))
持(も)ちもの:エプロン、バンダナ、食器用(しょっきよう)の布巾(ふきん)
保育(ほいく)あり(一人(ひとり)につき200円(えん)、申(もう)し込(こ)みが必要(ひつよう)です)
※通訳(つうやく)はありませんが、やさしい日本(にほん)語(ご)でお話(はな)しします。

【申(もう)し込(こ)み、問(と)い合(あ)わせ】 公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
〒560-0026 豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601「エトレ豊中(とよなか)」6階(かい)
Tel:06-6843-4343  Email:atoms@a.zaq.jp  (担当(たんとう):おおば、やまね)
【主催(しゅさい)】 とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター

180120哲学カフェ_チラシ
PDF版はこちら

哲学カフェ in とよなか国際交流センター 「うけとめるってなんだろう?」 誰かにうけとめられていると感じるのはどんなとき?
逆に、誰かをうけとめるときってどんな感じ?
うけとめる/うけとめられることって必要?
そもそも、うけとめるってなんだろう?

哲学カフェでは、テーマについて、
参加者同士の対話を通じて考えます。
テーマに関心のある人なら誰でも大歓迎!
哲学に関する特別な知識はいりません。
発言するもしないも自由です。
気軽にご参加ください。

○とき:1月20日(土)14:00~16:00
○ばしょ:とよなか国際交流センター C.C.スペース
○進行役 : 佐々木大輔 (大阪大学文学部)
○定 員 : 10名

◯申し込み・お問い合わせ
公益財団法人とよなか国際交流協会 (指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601 (エトレ豊中6階)
Tel: 06-6843-4343 Fax: 06-6843-4375
E-mail: atoms@a.zaq.jp (担当:山根・橋本)

◯主催 とよなか国際交流センター&カフェフィロ
◯協力 大阪大学大学院文学研究科 臨床哲学研究室

12月パロル
PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
12月「パロルをつくろう!」
パロルは星型をモチーフとしたフィリピンの伝統的なクリスマス飾りです。
クリスマスの時期になるとフィリピンではあらゆる場所で、パロルが見られるようになります。
パロルにはどんな意味(いみ)があるのかな?どんな種類があるのかな?
フィリピンのクリスマスについて楽(たの)しく学びながら、一緒にパロルをつくってみませんか?

日時:12月23日(土・祝)10~12時
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小・中学生(保護者同伴可)
定員:15人(要申込・先着順)
参加費:200円(材料費)
持ち物: 筆記用具、飲み物
【主催】とよなか国際交流センター
【申込(もうしこ)み・問合(といあわ)せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)電話(でんわ):06-6843-4343  E-mail:atoms@a.zaq.jp 

PAGE TOP