toyonaka international center

リサイクル寄付チラシ2

↓クリックで応援してください↓

NPOを無料で簡単に支援できる!| gooddo(グッドゥ)

デザイン5

イベント

外国人のための茶道教室2017.6
PDF版はこちら

がいこくじんのための さどうきょうしつ がいこくじん の ための さどう きょうしつ
Japanese Tea Lessons for Foreigners
Friday,June,2,2017
【6月(がつ)2日(ふつか)(金(きん)ようび)】
13:00~15:00

お茶(ちゃ)を通(とお)して日本(にほん)文化(ぶんか)を楽(たの)しみましょう!
お気軽(きがる)にご参加(さんか)ください

対象(たいしょう):外国人(がいこくじん)
参加費(さんかひ):1回(かい)300円(えん)(お茶(ちゃ)・お菓子(かし)込(こ)み)
定員(ていいん):6人(にん)(先着順(せんちゃくじゅん))
申込(もうしこみ):センター(せんたー)の受付(うけつけ)か、電話(でんわ)でお申込(もうしこ)みください
TEL 06-6843-4343

会場(かいじょう)・主催(しゅさい):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)
申込(もうしこ)み・お問合(といあわ)せ:公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601(阪急豊中駅前(はんきゅうとよなかえきまえ)エトレ(えとれ)豊中(とよなか)6F)

170604カフェチラシ hasi
PDF版はこちら

哲学カフェ in とよなか国際交流センター 「『治る』ってどういうこと?」 傷がなくなったとき、咳や鼻水が出なくなったとき、手足が自由に動かせるようになったとき、私たちは「治った」と言います。
でも、「治る」ってどういうことでしょうか? 元に戻ること? 本当に元に戻るのでしょうか?
答えのない問いについて、一緒に考えてみませんか。

☆6/4(日) 10:30-12:30
とよなか国際交流センター(エトレとよなか6階)
C. C. スペース
進行役:川崎唯史(カフェフィロ)
参加費:なし
定員:20人
主催:とよなか国際交流センター・カフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科 臨床哲学研究室

申込み・問合せ:
(公財)とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601(エトレ豊中6階)
TEL:06-6843-4343   FAX:06-6843-4375
E-mail:atoms@a.zaq.jp  (担当:山根・橋本)

6月ベナン
PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
6月「ようこそ!ベナンへ!」 
ベナン共和国は西アフリカにある国です。
ベナンのこどもたちはどんな遊びをしているかな?
どんなおやつを食べているのかな?
講師の方からベナンのお話を聞き、ダンスを体験して、
キャッサバ粉を使った軽食を作ってみよう!

日時:6月17日(土) 10:00~12:00
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小学生(保護者同伴可)
定員:15人(要申込・先着順)
参加費:100円(材料費)
持ち物:飲み物、エプロン、三角巾、筆記用具、タオル
服装:動きやすい服
講師:EHOUN BADA Midodji Ludovick(ルドヴィック)さん(NGO代表)

【主催】とよなか国際交流センター
【申込み・問合せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
Tel:06-6843-4343  Fax:06-6843-4375   Email atoms@a.zaq.jp (担当:おおば)

2017多文化子育て支援ボランティア養成講座
PDF版はこちら

多文化子育て支援ボランティア養成講座 ※日時:【第1回】5月25日(木)10:00~12:00【第2回】6月1日(木)10:00~12:00【第3回】6月8日(木)10:00~12:00
参加対象者:●上記の講座に全回参加可能で、講座終了後、多文化子育て支援ボランティア活動(以下の①~④)のいずれかに参加できる方。
ただし、①②③は就学前や小学生の子どもがいる方(女性)で、④は保育士資格をお持ちの方。(*保育活動は日本語で行っています)
●ボランティア登録時に、とよなか国際交流協会の基本理念に賛同し、賛助会員になっていただける方(年会費3,000円)

<今回募集する多文化子育て支援ボランティア活動>(活動日時、活動場所)
①「しょうない・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、庄内図書館)
②「おかまち・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、岡町図書館)
③「せんり・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、千里図書館)
④「多文化子ども保育にこにこ」
(毎週金曜10:30~12:00、とよなか国際交流センター)

定員:①~④各10人程度(要申込み・先着順)
受付開始日:5月8日(月)9:00~必ず電話か来館にてお申し込み下さい。
※お申込みの際に、上記いずれかの希望活動名を伝えて下さい。
一時保育(無料):あり(首のすわった乳児~就学前)子どもと一緒の受講もOK!
参加費:1,000円(全3回分、講座初回に現金でご持参下さい)

申込み・問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
場所・主催:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601阪急豊中駅前「エトレ豊中」6階)
電話:06-6843-4343(毎週水曜日は休館日)

世界~バングラ~
PDF版はこちら

世界を食べよう~バングラデシュ編~ イスラム教徒が多く暮らす南アジアの国、バングラデシュ。
スパイスをふんだんにつかったお料理は、ちょぴりスパイシーだけど奥深い味わいです。
バングラデシュ出身のブシュラさんと一緒に、お料理を作りながら、バングラデシュの国や文化のこと、イスラム教の食文化(ハラール・フード)や5月末から始まる断食月(ラマダーン)について学んでみませんか?

☆メニュー
・チキンビリヤニ(炊き込みご飯)
・チキンケバブ
・バングラデシュ風野菜炒め
・ライスプリン

日時:5月18日(木)10時~13時
場所:とよなか国際交流センター
費用:1,300円
定員:15人(申込先着順)
申込締切:5月14日(日)
持ちもの:エプロン、三角巾、食器用布巾
保育あり(要申込、一人につき200円)

【申し込み、問い合わせ】 公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601「エトレとよなか」6階
Tel:06-6843-4343  Fax:06-6843-4375 (担当:おおば、やまね)
【主催】とよなか国際交流センター

20170527外国人のための一日離婚電話相談会2
PDF版はこちら

外国人(がいこくじん)のための離婚(りこん)電話(でんわ)相談(そうだん) ☆日時(にちじ):2017年(ねん)5月(がつ)27日(にち)(土(ど))10:00~16:00

☆電話番号(でんわばんごう):06-6843-4425(この日(ひ)しか使(つか)えません)

配偶者(はいぐうしゃ)との関係(かんけい)や離婚(りこん)についての外国人(がいこくじん)のための電話(でんわ)相談会(そうだんかい)です。
専門家(せんもんか)があなたの言語(げんご)の通訳(つうやく)を介(かい)して対応(たいおう)します。気軽(きがる)にお電話(でんわ)ください。無料(むりょう)。秘密(ひみつ)は守(まも)ります。

※11言語(げんご)の通訳(つうやく)があります!

主催(しゅさい):リコン・アラート(協議(きょうぎ)離婚(りこん)問題(もんだい)研究会(けんきゅうかい))

問合(といあわ)せ:とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター<リコン・アラート(協議離婚問題研究会)代表事務所>
電話(でんわ):06-6843-4343(水曜(すいよう)休館(きゅうかん))

チラシ完成
PDF版はこちら

『オキナワを考える』2017「学びほぐし」シリーズ
~「あたりまえ」に対抗する”ばづくり・ひとづくり″実践者セミナー~オキナワ編
これまで身につけてきた既存の価値観や概念をいったんほぐし、
そこから見えてくる社会やくらしのあり方について一緒に考えませんか?

みなさんは“オキナワ”と聞いてどんな事を思い浮かべますか?白い砂浜?青い海?それとも辺野古や普天間などの基地問題でしょうか。
現在、私たちがテレビなどで見聞きするオキナワは、オキナワを部分的にしかとらえていません。バラエティ番組ではタレントが鮮やかなシャツを着てビーチを歩き、報道番組では基地のゲート前での抗議活動を映し出しています。もちろん、それらもオキナワの一つの姿ですが、はたしてそれがオキナワのすべてでしょうか。
今回はオキナワに関わったり、共通するトピックを持つ5人の方を通してオキナワを学びほぐします。

第1回 5月2日(火)13:00から15:00
「イラク帰還米兵が見たオキナワ~Study War No More」
・アッシュ・キリエ・ウールソンさん(「兵士の語りとアート」をつくる会)

第2回 5月20日(土)13:00から15:00
「アメラジアントーーク!」※アメラジアンとは米軍属とアジア人女性との間に生まれた人たちの事を指します。
・山口 博之さん(NPO法人CIL豊中 ピアカウンセラー)
・セイヤー・ケンさん(アメラジアンスクールインオキナワ 卒業生)
・田口 ローレンス吉孝さん(港区男女共同参画センター 職員)

第3回 5月27日(土)13:00から15:00
「戦後沖縄社会のあゆみーデータが覆す〈沖縄イメージ〉」
・岸 政彦さん(立命館大学)

【主催】とよなか国際交流センター
【会場】大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレ豊中6階(阪急豊中駅すぐ)
 とよなか国際交流センター CCスペース
【参加費】 無料  【定員】各回50名(先着順)
【申込・問合】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
 電話:06-6843-4343  E-mail:atoms@a.zaq.jp (担当:トーマス)

P170302_135710-2合気道

PDF版はこちら

がいこくじんのための あいきどうたいけん いつ…3月12日(日)13:30~15:00
どこで…正泉寺(豊中市刀根山2-4-13)
だれ…外国の方
☆お金はいりません。
☆運動のしやすい服装できてください。
申込み・お問い合わせ…公益財団法人とよなか国際交流協会
(指定管理者)
TEL…06-6843-4343
主催…とよなか国際交流センター、公益財団法人豊中市スポーツ振興事業団

イギリス
PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
3月「イギリスを知ろう!」 
イギリスに20年(ねん)住(す)んでいた講師(こうし)からお話(はなし)をきき、イギリスのお誕生(たんじょう)日会(びかい)で 人気(にんき)のゲームを体験(たいけん)します!

日時(にちじ):3月(がつ)27日(にち)(月(げつ))14~16時(じ)
場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
(豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601
「エトレ豊中(とよなか)」6階(かい))
対象(たいしょう):小(しょう)・中学生(ちゅうがくせい)(保護者(ほごしゃ)同伴可(どうはんか))
定員(ていいん):20人(にん)(要申込(ようもうしこみ)・先着順(せんちゃくじゅん))
参加費(さんかひ):無料(むりょう)
持(も)ち物(もの):筆記(ひっき)用具(ようぐ)、飲(の)み物(もの)
講師(こうし):ホートン佐和子(さわこ)さん

【主催】とよなか国際交流センター 
【申込・問合】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話:06-6843-4343 E-mail:atoms@a.zaq.jp (担当:おおば)

201703チラシ
PDF版はこちら

多文化共生フォーラムとよなか2017
「大規模災害時における外国人支援 ~今後のめざすべき方向とは」
豊中市は地域防災計画の中で、大規模災害が発生した際は災害情報について「国際交流団体や外国人等の支援団体に情報を提供することにより、日本語を解さない外国人に確実に情報が伝達されるように配慮する」と定めています。そこで豊中市と公益財団法人とよなか国際交流協会は、2月に災害時における外国人市民等の支援を円滑に行うことをねらいとする「豊中市災害時多言語支援センター設置に関する協定書」を締結します。
しかし、実際に大規模災害が起こった場合、市と国際交流協会だけでなく、市民、市民団体、関係機関などが、日頃の備えも含めた連携体制を作らないことには十分に外国人支援はできません。そこで、昨年起こった熊本地震での支援の取組みも参考としながら、今後のあるべき方向や支援体制の在り方について考え、行動していくきっかけとして本フォーラムを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

【とき】2017年3月11日(土)13:30~16:00
【ところ】とよなか国際交流センター CCスペース
(豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階 ※阪急豊中駅直結)

【プログラム】
第1部 講演「東日本大震災の経験から」
講師:佐々木アメリアさん(フィリピン出身、南三陸町在住)
第2部 報告&パネルディスカッション
・阪神・淡路大震災時の取組について:国際交流の会とよなか 葛西芙紗さん
・とよなか国際交流協会による熊本の視察報告
・パネルディスカッション「豊中市における外国人支援のあり方を考える」
パネラー:佐々木アメリアさん/大阪大学未来共生イノベーター・プログラム特任教授 塚本俊也さん 大阪府国際交流財団(OFIX)吉川友香さん(多文化共生マネージャーかつ熊本地震の際に現地活動)
第3部 外国人への多言語での情報提供に関する協定締結式
(大阪大学大学院国際公共政策研究科/とよなか国際交流協会)

【定員】50人(要申込)
【主催】豊中市、(公財)とよなか国際交流協会、大阪大学大学院国際公共政策研究科 (公財)大阪府国際交流財団(OFIX)
【後援】(社福)豊中市社会福祉協議会、(特活)国際交流の会とよなか(TIFA)、大阪大学未来共生イノベーター・プログラム(RESPECT)
【問合・申込先】とよなか国際交流協会 TEL 06-6843-4343 E-mail atoms@a.zaq.jp (水曜休館)

世界~ルーマニア~-
PDF版はこちら

世界を食べよう~ルーマニア編~ 東欧の国ルーマニア出身のマリアさん。
マリアさんからルーマニアのお料理をならったり、お国の事を聞いたりしましょう。
ルーマニアの代表的な料理「サルマーレ」を中心に作ります。これは、ルーマニア風ロールキャベツで、酸味が美味。酢漬けのキャベツに挽肉、タマネギなどを包み込み、じっくり煮込んでつくります。マリアさんは中にお米も入れて作るみたいです。

【メニュー】
ロールキャベツ
なすのサラダ
スープ
デザート(焼き菓子)
ハーブティー

日時:3月9日(木)10時~13時
場所:とよなか国際交流センター
費用:1,500円
定員:12人(申込先着順)
申込締切:3月4日(土)
持ちもの:エプロン、三角巾、食器用布巾

【申し込み、問い合わせ】 公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601「エトレとよなか」6階
Tel:06-6843-4343  Fax:06-6843-4375(担当:おおば、橋本)
【主催】とよなか国際交流センター

外国人のための茶道教室2017
PDF版はこちら

がいこくじん の ための さどう きょうしつ ~お茶(ちゃ)を通(とお)して日本(にほん)文化(ぶんか)を
楽(たの)しみましょう!~
お気軽(きがる)にご参加(さんか)ください。
Japanese Tea Lessons for Foreigners

Saturday, March 4, 2017【3月(がつ)4(よっ)日(か)(土(ど))】
13:00~15:00

対(たい)象(しょう):外国人(がいこくじん)
参加費(さんかひ):1回(かい)300円(えん)(お茶(ちゃ)・お菓子込(かしこ)み)
定(てい)員(いん):6人(にん)(先着順(せんちゃくじゅん))

申(もうし)込(こみ):センター(せんたー)の受付(うけつけ)か、電話(でんわ)でお申(もう)し込(こ)みください。
会場(かいじょう)・主催(しゅさい):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)
申込(もうしこ)み・お問合(といあわ)せ:公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
TEL 06-6843-4343
豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601(阪(はん)急豊中駅前(きゅうとよなかえきまえ)エトレ(えとれ)豊中(とよなか)

お料理編その2
PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
2月「~韓国朝鮮お料理編~チヂミ&トックを作ろう!」 
おいしいチヂミとトックです。
みんなで作って食べましょう!

日時:2月25日 (土) 10:00~12:00
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階)
講師:イ・ソヨンさん
参加費:500円(材料費)
持ち物:エプロン、三角巾、食器用ふきん、筆記用具・水筒
対象:小中学生(保護者同伴可)
定員:20人(要申込・先着順)

【主催】とよなか国際交流センター
【申込・問合】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話:06-6843-4343 E-mail:atoms@a.zaq.jp(担当:おおば)

20170211メディアリテラシーチラシ
PDF版はこちら

メディアリテラシー入門講座
~「外国人」って誰のこと?!テレビがみせる「外国人」とは~
テレビや新聞、インターネットなどのメディアから、私たちは日々膨大な情報を目にします。しかし、これらの情報は一つの「真実」を伝えているわけではありません。最近では、大手企業が運営するインターネットの「まとめサイト」にて、不確かな情報や不正に入手された情報が掲載されたことが明らかになり、サイトは閉鎖に追い込まれました。たくさんの情報を気軽に目にすることができる今、メディアからの情報を受ける側に、「情報を読み解く力(メディア・リテラシー)」が必要とされています。
本講座では、2日間にわたって「メディア・リテラシー」を初めて学ぶ方にもわかりやすい内容で進めていきます。さらに、講座を一貫するテーマとして、テレビ番組やCMの中で放送される「外国人」について、多様な視点から読み解いていきます。

《講師からのメッセージ》
本講座では、ワークショップ形式で参加者と楽しく話し合いながら進めていきます。ワークショップ初参加の方、メディアって何?という方も、大歓迎です。皆さんのご参加をお待ちしています。

とき: 第1回  2月11日(土)/ 第2回  2月18日(土) 
時間は、いずれも13:00~17:00
※ 第1回と第2回は連続した内容となっておりますので、できるだけ2回続けての受講をお願いします。(1回のみ参加を希望される方は、ご相談ください)

講師:田島知之さん(京都府立大学非常勤講師)、登丸あすかさん(文京学院大学助教)

ところ:とよなか国際交流センター(豊中市玉井町1-1-1-601)
阪急「豊中」駅直結,エトレ豊中6階

参加費:500円(協会賛助会員は無料) 保育あり(2月6日(月)までに要申込み)

主催・申込み:公益財団法人とよなか国際交流協会 (担当:山本ふ)
TEL 06-6843-4343/Mail atoms@a.zaq.jp

20170217外国人のための確定申告相談会ちらし
PDF版はこちら

外国人(がいこくじん)のための確定(かくてい)申告(しんこく)相談会(そうだんかい) 外国人(がいこくじん)のための税金(ぜいきん)・確定(かくてい)申告(しんこく)についての個別(こべつ)相談会(そうだんかい)。
多言語(たげんご)通訳(つうやく)があり、無料(むりょう)ですので、気軽(きがる)に相談(そうだん)しに来(き)て下(くだ)さい。
通訳(つうやく)は…
中国語(ちゅうごくご)、韓国(かんこく)・朝鮮語(ちょうせんご)、フィリピノ語(ふぃりぴのご)、タイ語(たいご)、スペイン語(すぺいんご)、ポルトガル語(ぽるとがるご)、英語(えいご)、インドネシア語(いんどねしあご)、ベトナム語(べとなむご)、ネパール語(ねぱーるご)

日時(にちじ):2017年(ねん)2月(がつ)17日(にち)(金(きん))13:30~15:30
場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)(阪(はん)急豊中駅(きゅうとよなかえき)すぐ、「エトレ豊中(とよなか)」6階(かい))
電話(でんわ):06-6843-4343
申込(もうしこ)み: 事前(じぜん)に時間の予約(よやく)をしてください。(おひとり20分(ぷん)まで、定員(ていいん):6人(にん)、先着順(せんちゃくじゅん))

主催(しゅさい):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー) 
申込(もうしこ)み・問合(といあわ)せ:公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1‐1‐‐601 
電話(でんわ):06-6843-4343(水曜(すいよう)休館(きゅうかん)) 
E-mail: atoms@a.zaq.jp

%e5%93%b2%e5%ad%a6%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a720170128
PDF版はこちら

哲学カフェ in とよなか国際交流センター 「さぼりたい。」 さぼるってどういうことだろう。 なぜ、こんなにも、
さぼりたくなるのだろう。
さぼってはいけないと、おもうのだろう。

あたたかいのみものを飲みながら、ゆっくりじんわりと、考えます。

日時:2017年1月28日(土)10:30〜12:30
場所:とよなか国際交流センター C. C. スペース
進行:鈴木径一郎(カフェフィロ)

申込・問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町 1-1-1-601
Tel : 06-6843-4343 Fax : 06-6843-4375
E-mail: atoms@a.zaq.jp (担当:橋本潔己)
主催:とよなか国際交流センター&カフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

170604カフェチラシ hasi
PDF版はこちら

哲学カフェ in とよなか国際交流センター 「『治る』ってどういうこと?」 傷がなくなったとき、咳や鼻水が出なくなったとき、手足が自由に動かせるようになったとき、私たちは「治った」と言います。
でも、「治る」ってどういうことでしょうか? 元に戻ること? 本当に元に戻るのでしょうか?
答えのない問いについて、一緒に考えてみませんか。

☆6/4(日) 10:30-12:30
とよなか国際交流センター(エトレとよなか6階)
C. C. スペース
進行役:川崎唯史(カフェフィロ)
参加費:なし
定員:20人
主催:とよなか国際交流センター・カフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科 臨床哲学研究室

申込み・問合せ:
(公財)とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601(エトレ豊中6階)
TEL:06-6843-4343   FAX:06-6843-4375
E-mail:atoms@a.zaq.jp  (担当:山根・橋本)

%e4%b8%80%e5%91%a8%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e6%a5%bd%e5%99%a8%e3%81%a8%e8%88%9e%e8%b8%8a
PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
1月「~韓国・朝鮮編~楽器と舞踊を体験しよう!」
チャンゴ(太鼓)などの楽器や、
プチェ(扇)を使ったおどりを体験しよう!

日時:1月29日(日)14:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階)
講師:イ・ソヨンさん、キム・サンムンさん
持ち物:筆記用具、水筒
対象:小中学生(保護者同伴可)
定員:20人(要申込・先着順)
参加費:無料
☆動きやすい服装でお越しください。

【主催】とよなか国際交流センター
【申込み・問合せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話(でんわ):06-6843-4343  FAX:06-6843-4375
E-mail:atoms@a.zaq.jp (担当:おおば)

%e3%80%90%e6%94%b9%e8%a8%82%e7%89%88%e3%80%91spoc%e5%9b%bd%e6%b5%81%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_ol2
PDF版はこちら

この「自由」な世界の中で~フィリピン活動家から学ぶ「移住・労働・貧困」~ あなたにとって、日常や世界は、
どんなふうに見えますか?

あなたやわたしが生きている世界は、
どのような形をしているのでしょうか?

10人に1人は海外へ働きにいき、
4人に1人は1日150円の貧困の中で暮らす、
日本の隣国・フィリピン。

フィリピン・セブの社会活動家から学ぶ、
最貧困地域に生きる若者・女性への取り組み、
NGOや地域行政組織と連携した人権侵害の除去、
グローバル企業の開発がもたらすオモテとウラ…。

今まで「答え」とされていたものが通用しない、
いま・これからの時代。
他ならないあなた自身に対して、
この社会/世界をサバイブするひとつの道具を
お渡しする機会になることを願っています。

話し手:Emalyn Magdasal Alivianoさん
(フィリピン・セブ在住、社会活動家)

日時:1月28日(土)18時~20時
(終了後は交流会予定)
※本セミナーは、当初2016年12月17日に予定しておりましたが、
都合により延期となり今回の開催に至りました。

場 所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601: 阪急豊中駅前 エトレとよなか6階)
定員:30名
参加費:無料

主催:Solidarity of People in Osaka and Cebu(SPOC)
共催:とよなか国際交流センター
申込:公益財団法人とよなか国際交流協会 (センター指定管理者)
   Tel 06-6843-4343  Fax 06-6843-4375
   E-mail atoms@a.zaq.jp (水曜定休日) 

%ef%bc%88%e5%ae%8c%e6%88%90%e7%89%88%ef%bc%89%e3%82%ab%e3%83%9d%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%a9%ef%bc%81
PDF版はこちら

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ
12月「いっしょにカポエイラ!」
ブラジルの「カポエイラ」にちょうせんしてみよう!

日時:12月24日(土) 14:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小学生(保護者同伴可)
定員:15人(要申込・先着順)
参加費:無料
持ち物:飲み物、筆記用具、タオル
服装:動きやすい服、上履き(体育館シューズ)
講師:マンデラ師範 、末永晶子さん

【申込み・問合せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
Tel:06-6843-4343    Fax:06-6843-4375    Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流センター (担当:おおば)

20161209%e6%80%9d%e6%98%a5%e6%9c%9f%e3%81%ae%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%82%82%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a
PDF版はこちら

【日本(にほん)に暮(く)らす外国人(がいこくじん)のための多言語(たげんご)勉強会(べんきょうかい)】
思春期(ししゅんき)のこどもとケンカ(けんか)にならない関係(かんけい)づくり ~お互(たが)いを尊重(そんちょう)しよう!
毎日(まいにち)つらい、しんどいと感(かん)じていませんか?
思春期(ししゅんき)の子(こ)どもとの関係(かんけい)に悩む、外国人(がいこくじん)の親(おや)のための勉強会(べんきょうかい)です。子(こ)どものことを理解(りかい)し,親(おや)の役割(やくわり)と対応(たいおう)の姿勢(しせい)について学(まな)びます。また、性(せい)へ関心(かんしん)が強(つよ)くなる時期(じき)の、対応(たいおう)についても学(まな)びます。ぜひ参加(さんか)してください!

☆日時(にちじ):2016年(ねん)12 月(がつ)9 日(にち)(金曜日(きんようび)) 12:30-14:00
♡軽食(けいしょく)と保育(ほいく)つきです Lunch, day care and translation available!

☆場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー) (玉井町(たまいちょう)1(1)-1-1-601/阪(はん)急豊中駅(きゅうとよなかえき)西(にし)隣(どなり)「エトレ(えとれ)豊中(とよなか)」6F)

☆講師(こうし):北野(きたの)真由美(まゆみ)さん(エンパワメント(えんぱわめんと)堺(さかい)/(・)ES代表(だいひょう))

☆対象(たいしょう):外国人(がいこくじん)
★通訳(つうやく)あり、保育(ほいく)あり(無料(むりょう)、予約(よやく)をしてください)

☆主催(しゅさい)・申(もうし)込(こ)み・問(とい)合(あわ)せ:とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)(電話(でんわ)・E(E)-(-)メール(めーる)、もしくは直接(ちょくせつ)事務所(じむしょ)で申し込み(もうしこみ)してください)
TEL: 06-6843-4343/E-mail : atoms@a.zaq.jp

20161125%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e5%90%91%e3%81%91%e5%81%a5%e5%ba%b7%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%bb%e7%9b%b8%e8%ab%87%e4%bc%9a%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97

PDF版はこちら

【日本(にほん)に暮(く)らす外国人(がいこくじん)のための多言語(たげんご)勉強会(べんきょうかい)&健康(けんこう)相談会(そうだんかい)】
インド(いんど)伝統(でんとう)医学(いがく)で健康(けんこう)になろう! ~アーユルヴェーダ(あーゆるう”ぇーだ)で病気(びょうき)と老化(ろうか)を防(ふせ)ぐ
この勉強会(べんきょうかい)では、アユールヴェーダ(あゆーるヴぇーだ)の紹介(しょうかい)と、キッチン(きっちん)にあるスパイス(すぱいす)を使(つか)って、健康(けんこう)に役立(やくだ)つ手当(てあて)の紹介(しょうかい)と、フェイシャルパック(ふぇいしゃるぱっく)の作(つく)り方(かた)を学(まな)びます。
また、椅子(いす)に座(すわ)りながらできる簡単(かんたん)なチェアヨガ(ちぇあよが)を一緒(いっしょ)にしましょう。
セミナー(せみなー)終了後(しゅうりょうご)に、保健師(ほけんし)や心理士(しんりし)による、個別(こべつ)の無料(むりょう)健康(けんこう)相談(そうだん)会もあります。ぜひご参加(さんか)下(くだ)さい!

日時(にちじ): 2016年(ねん)11 月(がつ)25 日(にち)(金曜日(きんようび))12:30 ~15:30
★参加費(さんかひ)無料(むりょう)!軽食付(けいしょくつ)き!★

☆勉強会(べんきょうかい) 12:30~13:40
☆講師(こうし)、保健師(ほけんし)、臨床(りんしょう)心理士(しんりし)による個別(こべつ)相談会(そうだんかい)14:00~15:30(相談会(そうだんかい)の受付(うけつけ)は13:50~開始(かいし))

場所(ばしょ): とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー) (玉井町(たまいちょう)1-1-1-601/阪(はん)急豊中駅(きゅうとよなかえき)西(にし)隣(どなり)「エトレ(えとれ)豊中(とよなか)」6F)

講師(こうし): 岡部正子さん(アーユルヴェーダ(あーゆるヴぇーだ) セラピスト(せらぴすと))
対象(たいしょう): 外国人(がいこくじん)
※講義(こうぎ)は日本語(にほんご)。上記(じょうき)7カ国語(かこくご)(+フィリピノ語(ふぃりぴのご)とネパール語(ねぱーるご))の通訳(つうやく)があります(要事前(ようじぜん)申込(もうしこ)み)。

★おひるごはんと、保育(ほいく)あり(無料(むりょう)、要予約(ようよやく))

主催(しゅさい): とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)/NPO法人(ほうじん)チャーム(ちゃーむ)
協力(きょうりょく):豊中市(とよなかし)保健(ほけん)センター(せんたー)

申(もうし)込(こ)み・問(とい)合(あわ)せ:とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
TEL: 06-6843-4343/E-mail : atoms@a.zaq.jp

%e5%9b%bd%e6%b5%81%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%80%8c%e3%80%8c%e3%81%84%e3%81%be%e3%82%92%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%80%8d
PDF版はこちら

国流シネマカフェ~いまを生きる~ いまを生きる~ロビン・ウィリアムズ主演の話題作!~
名作を観ながら、カフェしましょう
◎日 時:2016年11月26日(土)17:00~19:30
◎場 所:とよなか国際交流センター
   (豊中市玉井町1-1-1-601: 阪急豊中駅前 エトレとよなか6階)
◎費 用:無 料(但し、菓子付ドリンクは有料です)
◎申込み・問合せ
   公益財団法人とよなか国際交流協会 (センター指定管理者)
   Tel 06-6843-4343  Fax 06-6843-4375
   E-mail atoms@a.zaq.jp 

%e5%a4%9a%e6%96%87%e5%8c%96%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%80%90%e5%ae%8c%e6%88%90%e7%89%88%e3%80%91
PDF版はこちら

第12回 多文化フェスティバル 【日時】11月19日(土)10:30~14:30
【場所】とよなか国際交流センター(阪急豊中駅すぐ「エトレ豊中」6階)
【内容】
☆ドキドキ・ワクワクがつまった「体験型ブース」がたくさん!
☆みんなで食べよう!多文化な食事!
→こども無料!おとな300円!
☆大きなくす玉イベントも♪
☆発表もありますよ!
【主催】豊中市国際教育推進協議会、とよなか国際交流センター
【対象】外国にルーツをもつ子ども、保護者、一緒に頑張っている友だちや先生、国際教育に関心のある方々など
【申込み・問合せ】(公財)とよなか国際交流協会
TEL: 06-6843-4343(担当:山本ふ、トーマス、おおば)

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%82%a2
PDF版はこちら

~平和と共存のための~11月おまつり地球一周クラブ
「ルーマニアのこどもたち」
ルーマニアって、どこにあるのかな?
どんな人(ひと)が暮(く)らしているの??
マリア先生(せんせい)と一緒(いっしょ)に、
ルーマニアのこどもたちのあそび、音楽(おんがく)、
生活(せいかつ)について一緒(いっしょ)に学(まな)びましょう
おかしのデコレーションもするよ!!

日時(にちじ):11月(がつ)26日(にち)(土(ど)) 10:00~12:00
場所(ばしょ):とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター
(豊中市(とよなかし)玉井町(たまいちょう)1-1-1-601「エトレ豊中(とよなか)」6階(かい))
対象(たいしょう):小(しょう)・中学生(ちゅうがくせい)(保護者(ほごしゃ)同伴可(どうはんか))
定員(ていいん):15人(にん)(要申込(ようもうしこみ)・先着順(せんちゃくじゅん))
参加費(さんかひ):200円(えん)
持(も)ち物(もの):筆記(ひっき)用具(ようぐ)、飲(の)み物(もの)、エプロン、三角巾(さんかくきん)

【申込(もうしこ)み・問合(といあわ)せ】公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(指定(してい)管理者(かんりしゃ))
Tel:06-6843-4343    Fax:06-6843-4375    Email atoms@a.zaq.jp
【主催(しゅさい)】とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター (担当:おおば)

%e4%b8%96%e7%95%8c%ef%bd%9e%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3%ef%bd%9e
PDF版はこちら

「世界を食べよう~モロッコ編~」 地中海に面した北アフリカの国モロッコ。
皆さんはどんな印象をもっていますか?
モロッコ出身のアシュラフさんはいつもどんなお料理を作っているの?
モロッコのお話を聞きながら楽しくお料理しましょう

【メニュー】
クスクス
人参のサラダ
オレンジのデザート
レモンジュース

日時:11月24日(木)10時~13時
場所:とよなか国際交流センター
費用:1,500円
定員:12人(申込先着順)
申込締切:11月19日(土)
持ちもの:エプロン、三角巾、食器用布巾

【申し込み、問い合わせ】 公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601「エトレとよなか」6階
Tel:06-6843-4343  Fax:06-6843-4375  (担当:おおば、橋本)
【主催】とよなか国際交流センター

%e5%b9%b3%e5%92%8c%e3%81%a8%e5%85%b1%e5%ad%98%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e5%9c%b0%e7%90%83%e4%b8%80%e5%91%a8%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96
PDF版はこちら

~平和と共存のための~10月おまつり地球一周クラブ
韓国・朝鮮お出かけ編「コリアタウンに行こう!」
鶴橋のコリアタウンで韓国・朝鮮の文化や食べ物に触れよう!

日時:10月22日(土曜日) 9時集合~14時30分解散
集合場所:とよなか国際交流センター
(阪急豊中駅すぐ「エトレ豊中」6階)
行き先:生野区鶴橋コリアタウン
対象:小学生10人(先着順・保護者同伴可です)
※保護者の同伴がない場合、とよなか国際交流センター解散となります。
スタッフがセンターまで同行して帰ります。
費用:実費(往復交通費 小学生400円、昼食代、その他おみやげ代)

<申し込み・問い合わせ>公益財団法人 とよなか国際交流協会 (指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階
TEL:06-6843-4343  FAX:06-6843-4375  E-mail:atoms@a.zaq.jp  (担当:大庭)

20161101%e7%94%b0%e4%b8%ad%e5%ae%8f%e3%81%95%e3%82%93%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7
PDF版はこちら

とよなか国際交流センター秋の公開講座
 「在日外国人の 歴史と 現在の課題」
今、日本には230万人を超える外国籍の人たちが暮らしています。
外国人にまつわる歴史、現状、そして課題を知り、多文化共生の実現に向けて、私たちにできることを考えましょう。

■日時:2016年11月1日 (火)14:00~16:00(開場13:30)
■講師:田中宏さん(一橋大学名誉教授)
■会場:とよなか国際交流センター
阪急豊中駅直結「エトレ豊中」6F(大阪府豊中市玉井町1-1-1-601)
■参加費:500円
■定員:一般 30人(要申込、先着順)
※この講座は「日本語ボランティア養成講座第1回」として実施されますが、関心のある方はどなたでもお越しいただけます。
■主催: とよなか国際交流センター
■申込・問合先:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
TEL 06-6843-4343/FAX 06-6843-4375
E-mail atoms@a.zaq.jp (水曜休館)

2016%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e5%b1%80%e9%95%b7%e9%80%a3%e7%b6%9a%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97
PDF版はこちら

豊中市制80周年記念連続セミナー
「新たな多文化共生社会の地平をめざして~とよなか国際交流センターの過去・現在・未来~」
現在日本において、外国人の人権は必ずしも保障されていません。「ヘイトスピーチ解消法」は成立したものの、「差別・排外主義」が解消されるには至っていません。この状況を変えるため、地域の国際交流協会には在住外国人の人権が尊重される真の多文化共生社会の実現をめざし、新たな地平を切り拓いていくことが求められています。その中で、人権尊重を基調とした市民社会を創りあげていくためには、地域住民、行政との協働は不可欠です。
この連続講座では、とよなか国際交流センターと共に設立された国際交流協会の創成期、転換期、そして現在を担う4人の新旧事務局長と共に、それぞれの時代および視点から協会の歴史や実践を学ぶとともに、市民および行政との連携・協働について考え、豊中の多文化共生の拠点としての国際交流センターのこれからを考えます。奮ってご参加ください。

第1回 : 10月8日(土)14時~16時
「とよなか国際交流協会と私~協会の役割と可能性について考える」
語り:雨森孝悦さん
(日本福祉大学 福祉経営学部・大学院国際社会開発研究科教授、とよなか国際交流協会初代事務局長)

第2回 : 10月20日(木)18時半~20時半
「外国人の“非対称性”への気づき ~転換期から見えてきたものと、これからの“国流”」
語り:榎井縁さん(大阪大学特任准教授、協会理事、元協会事務局長)
金相文(協会常務理事、前協会事務局長)
山野上隆史(現協会事務局長)

■会場: とよなか国際交流センター 会議室2ABC 
■アクセス:阪急豊中駅直結 エトレ豊中6階
(豊中市玉井町1-1-1-601)
■主催: 公益財団法人とよなか国際交流協会   ■共催: 豊中市
■参加費:無料    ■定員:80人(先着順、要申込)
■申込・問合:公益財団法人とよなか国際交流協会 (水曜休館)
電話:06-6843-4343 FAX 06-6843-4375 
E-mail:atoms@a.zaq.jp

9月エジプトちらし
PDF版はこちら

~平和と共存のための~9月おまつり地球一周クラブ
「エジプトを楽しもう!」
エジプトってどんな国だろう?
エジプトの音楽♪♪聞いたことある?
エジプトの子どもたちはどんな遊びをするのかな?
一緒にゲームをたいけんしよう!

日時:9月24日(土)10時~12時
場所:とよなか国際交流センター
    (豊中市玉井町 1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
対象:小中学生(保護者同伴可)  
定員:20人(要申込・先着順)
参加費:無料
持ち物:筆記用具・飲み物
講師:アブドさん
【申込み・問合せ】公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375
主催:とよなか国際交流センター   担当:おおば

20160917哲学カフェ
PDF版はこちら

女性のための哲学カフェ「『安心』ってなんだろう?」 様々なことが起こる日常のなかで、ふと安心を感じるときがあります。
でも、安心ってどんな色で、どんなかたちで、どんな手触りなんだろう。
折り紙や毛糸などの色やかたちのある「もの」を手掛かりに、ゆったりと対話を重ねながら、みなさまの「安心」を一度手にとって考えてみませんか。

◯とき: 9月17日 (土) 10:30 〜 12:30
◯ばしょ:とよなか国際交流センター C.C.スペース
◯進行役 : 萩野彩香 (大阪大学文学部)
◯定員 : 10人 女性のみ
◯保育あり(無料、要事前申込 〆切9月13日(火) )
◯申し込み・お問い合わせ
  公益財団法人とよなか国際交流協会 (指定管理者)
  〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601 (エトレ豊中6階)
  Tel: 06-6843-4343 Fax: 06-6843-4375
  E-mail: atoms@a.zaq.jp (担当:橋本潔己)
◯主催 とよなか国際交流センター&カフェフィロ 
◯協力 大阪大学大学院文学研究科 臨床哲学研究室

201609家族写真をめぐる私たちの歴史
PDF版はこちら

「家族写真をめぐる私たちの歴史~在日朝鮮人、被差別部落、アイヌ、沖縄、外国人女性~」 日時:2016年9月24日(土)14:00~16:30

お話: 萩原(はぎわら)弘子(ひろこ)さん(大阪府立大学教授)
皇(ふぁん)甫(ぼ)康子(かんぢゃ)さん(「在日」女性の集まり「ミリネ」)
他、執筆者数名(調整中)

会場:とよなか国際交流センター
コミュニケーション・コモン(CC)スペース
阪急豊中駅前「エトレ豊中」6F(大阪府豊中市玉井町1-1-1-601)

参加費:無料
※終了後、16:30~17:30に同会場にて交流会があります(交流会参加費700円、軽食付)。あわせてお申し込み下さい。

定員:50人(要申込、先着順)

主催: とよなか国際交流センター
「在日」女性の集まり「ミリネ」

申込・問合先:
公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
TEL 06-6843-4343/FAX 06-6843-4375
E-mail atoms@a.zaq.jp (水曜休館)

2016フェスタ表
2016フェスタ裏

PDF版はこちら

とよなか国際交流フェスタ 「世界と出会おう!ふれ合おう!味わおう!」をテーマに
今年も開催いたします!お楽しみに!!

日時:9月10日(土)10:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター ( 阪急豊中駅前「エトレ豊中」6階)

☆食べ物・飲み物 ※販売は11:30からです
タイ(焼きそば)、韓国(チヂミ)、ペルー(エンパナーダ)、ベトナム(ブン(麺料理)・あげ春巻き)、ネパール(カレー)、たこせん、わたがし、にゅう麺、ケーキ、フェアトレードのコーヒー、世界のジュース、お茶等々…

☆とよなか国際交流センター登録グループの発表
※詳しい発表プログラムは画像データををご覧ください。

☆バザー
世界の手作り品、雑貨等々、掘り出し物がたくさん!

☆お菓子や雑貨の販売
ふくし作業所のおいしいお菓子やかわいい手作り雑貨!

☆こどもの遊びコーナーや茶道体験もあります!

☆同日開催
・「市民活動ジャンプフェスタ」12時~17時
場所:豊中駅前「きたしん豊中広場」(市民活動団体のステージや体験など)
・「ライブラリーまつり」10時~16時30分
場所:とよなか男女共同参画推進センター
「すてっぷ」(エトレ豊中5階)(リサイクル本の配布・パパカフェなど)

場所・主催:とよなか国際交流センター 阪急豊中駅前「エトレ豊中」6階)
申込・問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会 (指定管理者)
〒560-0026豊中市玉井町1-1-1-601 Tel:06-6843-4343 E-mail:atoms@a.zaq.jp

とよなか日本語8月の予定2016 最新
PDF版はこちら

【お知らせ】日本語交流活動の夏休み 日本語交流活動のお休みは、次のとおりです。

〈日曜日〉8月7日、14日
〈月曜日〉8月8日、15日
〈木曜日〉8月11日、18日
〈金曜日〉8月12日

一周おめん
PDF版はこちら

~平和と共存のための~8月おまつり地球一周クラブ
「おめんをつくろう!」
夏休み特別企画 おめんををつくろう!

みんな「おめん」ってきいたら、何を思い出すかな?
世界中には いろんな「おめん」があるよ!
お話を聞いたあと、自分だけの「オリジナルおめん」を作ろう!
夏休みの宿題にもピッタリ!

日時:8月18日(木) 10:00~12:00
参加費:300円(材料費)
持ち物:筆記用具・飲み物
対象:小中学生(保護者同伴可)
定員:20人(15日までに要申込・先着順)
  
場所・主催:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
申込み・問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話:06-6843-4343   FAX:06-6843-4375

2016年度夏季募金依頼文およびチラシ
PDF版はこちら

2016年度とよなか国際交流協会
夏季募金にご協力お願いいたします
外国にルーツを持つ子ども・若者の学びと成長を応援する、「多文化子どもエンパワメント事業」にご支援をお願いいたします。
皆様からいただいた募金は、協会が実施する自主事業「多文化子どもエンパワメント事業」(自主事業)において、外国にルーツを持つ子ども・若者のための居場所づくり/学びのサポート/日本語指導/相談/などの支援事業の運営に大切に役立たせていただきます。

お問合せ先:公益財団法人とよなか国際交流協会
(担当:山野上、山本愛)

2-6-1
PDF版はこちら

生活サポートのための学習支援ボランティア養成講座 子どもたちを支える支援活動をはじめよう・・・

本講座はボランティアを「はじめたい」「スキルアップしたい」という若者を対象としたものです。特に子ども(小、中、高校生)の学習支援や居場所づくりに取り組む若者向けの講座です。ボランティアは「お手伝い」といったイメージで捉えられがちですが、学習支援や居場所づくりの現場においては皆さん一人ひとりが大切な担い手です。例えば、ある程度の「教え方」や「心構え」も必要となります。もちろん、それは難しいことではありません。本講座ではみなさんのパーソナリティーに即して活動を行ってもらえるよう、様々な工夫をします。そして本講座を通じてみなさんの「スキルアップ」をお手伝いします。

☆2016年7月31日(日)13時~17時
生活サポートのための学習支援ボランティア養成講座(スタート編)
ボランティアをはじめるための講座です。はじめてボランティアに取り組みたいと考えている方はぜひご参加ください。

☆2016年8月7日(日)10時~17時
生活サポートのための学習支援ボランティア養成講座(レベルアップ編)
子どもを取り巻く社会の現状について、現場で実践をおこなう講師よりお話を聴き、ワークショップを行います。

対象:学習支援や居場所づくりに関心をもつ大学生・大学院生
定員:各回20名
参加費:無料
※事前申し込みが必要です。(締め切り7月25日(月))
「お名前、年齢、ご住所、日中連絡がつく連絡先、E-mailアドレス」
連絡先:公益財団法人とよなか国際交流協会
E-mail:atoms@a.zaq.jp 電話:06-6843-4343 Fax:06-6843-4375

ヘイトスピーチ
PDF版はこちら

「ヘイトスピーチ解消法」を考える ~ゆるせない!人種差別を扇動する言動!~

近年、在日外国人に対する暴言や暴挙を伴う深刻な人権侵害が繰り広げられています。この言動には目に余るものがあり、多くの人たちがこの状態を黙視できないと立ち上がることによって、去る5月24日の国会で「ヘイトスピーチを解消することを目的とした法律」が成立しました。しかし、この解消法の中身と対処法には大きな課題を含んでいます。
今回の特別公開講座で、ヘイトスピーチの問題点と今回成立の「解消法」についての課題を明らかにすることで、参加者のみなさんと共に、人種差別を扇動するヘイトスピーチを許さない地域社会をつくるために、何をどうすればいいかを考えたいと思います。

2016年7月23日(土)14時~16時30分
講師:郭辰雄(カクチヌン)さん(特定非営利活動法人コリアNGOセンター代表理事)
参加費:無料
定員:50人(要申し込み・先着順)
保育(無料)7月16日までに要申込

主催・会場:とよなか国際交流センター(水曜休館)
豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階(阪急豊中駅すぐ)
問合せ・申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
TEL:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375 e-mail:atoms@a.zaq.jp

お料理編チラシ
PDF版はこちら

~平和と共存のための~7月おまつり地球一周クラブ
「韓国・朝鮮のお料理編」
チャプチェ(はるさめ炒め) とデザート(スイカのフルーツポンチ)を作ろう!
7月 23日 (土) 10:00~12:00
参加費:300円(材料費)
持ち物:エプロン・三角巾・食器用ふきん・水筒・筆記用具
対象:小中学生(保護者同伴可)
定員:20人(要申込・先着順)
講師:イ・ソヨンさん
  
場所・主催:とよなか国際交流センター
(豊中市玉井町1-1-1-601「エトレ豊中」6階)
申込み・問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
電話:06-6843-4343   FAX:06-6843-4375

世界~ベトナム~
PDF版はこちら

世界を食べよう~ベトナム編~ ベトナム出身のおかあさんは日本でどんなベトナム料理を普段作っているのかな?
「いつもこんな風にして食べてるよ」 「この食材は外せない!」
ベトナム料理のお話やお国の事を聞きながら、楽しくお料理しましょう(^^♪

【メニュー】 バインセオ、春巻き、ボーコー、チェー(ベトナムのデザート)

日時:7月14日(木)10時~13時
場所:とよなか国際交流センター
費用:1,500円(材料費含む)
定員:15人(申込先着順)
申込締切:7月10日(日)までに同センター
持ちもの:エプロン、三角巾、食器用布巾

【申し込み、問い合わせ】 公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
〒560-0026 豊中市玉井町1-1-1-601「エトレとよなか」6階
Tel:06-6843-4343  Fax:06-6843-4375    (担当:おおば、橋本)
【主催】とよなか国際交流センター

20160716フィリピンの学校を知ろうnew
PDF版はこちら

フィリピンの学校を知ろう~現地の先生が語るフィリピン教育事情のいま~ 本講座では、フィリピン中部ルソン地方・バターン州から小学校、ハイスクール(日本の中等教育課程に相当)の先生と教育委員会の方をお招きし、現地の学校生活や教育事情などについてお話しをうかがいます。フィリピンの学校現場で大切にされていることや先生の感じている課題、日本社会へのまなざしなど様々な視点からお話しいただきます。
フィリピンの学校・教育事情を知り、フィリピンをはじめとする外国にルーツをもつ子どもたちの多様な背景や日本の学校での現状を改めて考えてみませんか。

講師:Myrna(ミルナ). E.Castillo(カスティッロ)さん(バターン州エミリオCベルナベ国立ハイスクール 校長)
   Imelda(イメルダ).C.Estrada(エストラダ)さん(バターン州ビヌカワン小学校 ヘッドティーチャー)
   Modesta(モデスタ).B.Abrantes(アブランテス)さん(教育委員会 公立学校校区スーパーバイザー)

日時:2016年7月16日(土)15:00~17:00
場所:とよなか国際交流センター(大阪府豊中市玉井町1-1-1-601エトレとよなか6階)
対象:学校の先生、テーマに関心のある方
定員:30人(要申し込み) /参加費:無料

主催:とよなか国際交流センター /協力:South East Asian Community
申込み・問い合わせ:公益財団法人とよなか国際交流協会(とよなか国際交流センター・指定管理者)
TEL:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375 E-mail:atoms@a.zaq.jp

一周クラブ韓国あそび編
PDF版はこちら

~平和と共存のための~6月おまつり地球一周クラブ
「韓国・朝鮮のあそび編」
今回は、民族衣装を着て、韓国・朝鮮のあそびをします!チェギ(羽蹴り遊び)も自分で作ってみますよ。その他もワクワクする遊びが盛り沢山!
おとなりの国の文化を楽しく一緒に学びませんか?

日時(にちじ):6月18日(土)10時~12時
場所(ばしょ):とよなか国際交流センター「エトレ豊中」6階)
対象(たいしょう):小・中学生(保護者同伴可)
定員(ていいん):20人(要申込み)
参加費(さんかひ):無料 

申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会
(担当:おおば)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター

201606哲学カフェチラシ
PDF版はこちら

6月哲学カフェ「引っ越して変わることは?」 今まで住んでいたところから別のところに引っ越すと、多くのことが変わります。引っ越しが国境や海をまたげばなおさらです。
私たちはそのことを指して、たいてい「環境が変わった」と言います。しかし、その「環境」とは一体何なのでしょうか?何が変わるのでしょうか?
みなさんの経験をもとに、住む場所を変えることについて、考え、話し合ってみませんか?

日時:2016年6月18日(土)14:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:川崎唯史(カフェフィロ)
テーマ:「『ほめる』ってなに?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

2016多文化子育て支援ボランティア養成講座PDF版はこちら

多文化子育て支援ボランティア養成講座 ❀日時:【第1回】5/26(木)10:00~12:00 【第2回※公開講座】6/2(木)10:00~12:00 【第3回】6/9(木)10:00~12:00

❀参加資格:上記の講座に全回参加可能で、講座終了後、多文化子育て支援ボランティア活動(以下の①~④)のいずれかに参加できる方。
ただし、①②③は就学前や小学生の子どもがいる方で、④は保育士資格をお持ちの方。(※保育活動は日本語で行っています。)
ボランティア登録時に、とよなか国際交流協会の基本理念に賛同し、賛助会員になっていただける方(年会費3,000円)

<今回募集する多文化子育て支援ボランティア活動>(活動日時、活動場所)
①「しょうない・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、庄内図書館)
②「おかまち・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、岡町図書館)
③せんり・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、千里図書館)
④「多文化子ども保育にこにこ」
(毎週金曜10:30~12:00、とよなか国際交流センター)

❀定員:①~④ 各10名程度(要申込み・先着順)
❀受付開始日:5月9日(月)9:00~ 必ず電話か来館にてお申し込みください
※お申し込みの際に、上記いずれかの希望活動名を伝えてください。
❀一時保育(無料):あり(首の座った乳児~就学前)こどもと一緒の受講もOK!
❀参加費:1,000円
(全3回分、講座初回に現金でご持参ください。)

❀申込・問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
❀場所・主催:とよなか国際交流センター 
(豊中市玉井町1-1-1-601阪急豊中駅前「エトレ豊中」6階)
❀電話:06-6843-4343(毎週水曜日は休館日)

20160602じぶんまる!(多文化子育て支援V第2回公開講座)
PDF版はこちら

じぶん まる!~性って誰かに決められるもの?!~ 「あたりまえ」とされる性の在り方の中で生きにくさを感じ“じぶん”を生きることができないセクシュアルマイノリティ(性的少数者)の子どもたち。セクシュアルマイノリティの子どもたちは家庭、学校、社会の中で多くの悩みや、不安を抱えています。
この講座では、セクシュアルマイノリティの子どもたちの居場所づくりに取り組むお二人から、ご自身の経験とともに、性の多様性やセクシュアルマイノリティをとりまく社会の現状についてお話をうかがい、すべてのこどもたちひとりひとりの権利が尊重される社会をつくるために、こどもに関わる人びとが何をすべきか考えます。
「人の数だけセクシュアリティはあって、じぶんのセクシュアリティと、隣にいるともだちのセクシュアリティは違っていいんだよ。誰もおかしい人なんていないんだよ。“じぶん、まる!”」(にじいろ i-Ruウェブサイトより)

※この講座は「多文化子育て支援ボランティア養成講座」の第2回として実施しますが、公開講座のため一般の方もご参加可能です。お申し込みをお待ちしております。

【とき】2016年6月2日(木)10:00~12:00
【お話】田中一歩(たなかいっぽ)さん、近藤孝子(こんどうたかこ)さん
セクシュアルマイノリティのこどもたちの居場所づくり にじいろ i-Ru(あいる) スタッフ
【プロフィール】
豊中市の公立保育所の保育士としてふたりとも長年勤める。退職後、ふたりで保育ルームを西宮市に開設。6年間の運営を終えて、「じぶん」を生きるための場所、ふたりがふたりらしく生きる場所を探すための生活をはじめる。その中で、多様なセクシュアリティの人たちとも出会い、その出会いをきっかけに、自分のセクシュアリティをどう思ってきたのかを振り返ると、保育や教育の中で、多様なセクシュアリティと出会うことが大切だと実感する。2015年2月、自身の経験をもとに、絵本「じぶんをいきるためのるーる。」をつくる。同時に「セクシュアルマイノリティのこどもたちの居場所づくり“にじいろ i-Ru(アイル)”」を設立する。
にじいろ i-Ru URL http://nijiiroi-ru.jimdo.com/

【対象】テーマに関心のある方
【一時保育】あり(1歳~就学前/5月30日までに要申込)
(こども1人につき200円)
【参加費】500円
【定員】20人(先着順)
【主催・会場】とよなか国際交流センター コミュニケーション・コモンスペース
【申込・問合せ】(公財)とよなか国際交流協会 (指定管理者)
TEL: 06-6843-4343/FAX:06-6843-4375/E-mail : atoms@a.zaq.jp

外国人女性向けセミナー・相談会ちらし-1外国人女性向けセミナー・相談会ちらし-2PDF版はこちら

「国際結婚・もっと幸せになるための夫婦間コミュニケーション講座&無料健康相談会」 このセミナー(せみなー)では、国際(こくさい)結婚(けっこん)をした外国人(がいこくじん)女性(じょせい)のための夫婦間(ふうふかん)コミュニケーション(こみゅにけーしょん)について臨床(りんしょう)心理士(しんりし)と一緒(いっしょ)に考(かんが)えます。また、保健師(ほけんし)や心理士(しんりし)による、個別(こべつ)の無料(むりょう)相談(そうだん)もあります。ぜひご参加(さんか)下(くだ)さい!

【日時(にちじ)】2016年(ねん)3 月(がつ)25 日(にち)(金曜日(きんようび))12:15 ~15:30
 ★参加費(さんかひ)無料(むりょう)!★
勉強会(べんきょうかい) 12:15~13:40
保健師(ほけんし)と臨床(りんしょう)心理士(しんりし)による個別(こべつ)相談会(そうだんかい)14:20~15:30(相談会(そうだんかい)の受付(うけつけ)は14:00~開始(かいし))

【場所(ばしょ)】とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー) (玉井町(たまいちょう)1-1-1-601/阪急豊中駅(はんきゅうとよなかえき)西(にし)隣(どなり)「エトレ(えとれ)豊中(とよなか)」6F)
【講師(こうし)】阪(さか)幸江(ゆきえ)さん(臨床(りんしょう)心理士(しんりし))
【対象(たいしょう)】外国人(がいこくじん)女性(じょせい)
※講義(こうぎ)は日本語(にほんご)。フィリピノ語(ふぃりぴのご)、タイ語(たいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国・朝鮮語(かんこく・ちょうせんご)、インドネシア語(いんどねしあご)、ベトナム語(べとなむご)、スペイン語(すぺいんご)、ポルトガル語(ぽるとがるご)、英語(えいご)(+ネパール語(ねぱーるご))の通訳(つうやく)があります(要事前(ようじぜん)申込(もうしこ)み)。
★保育(ほいく)あり(無料(むりょう)、要予約(ようよやく))

【主催(しゅさい)】とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)センター(せんたー)/NPO法人(ほうじん)チャーム(ちゃーむ)
【協力(きょうりょく)】豊中市(とよなかし)保健(ほけん)センター(せんたー)

【申(もうし)込(こ)み・問(とい)合(あわ)せ】公益(こうえき)財団(ざいだん)法人(ほうじん)とよなか国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)
  TEL: 06-6843-4343/E-mail : atoms@a.zaq.jp
*電話(でんわ)、Eメール(めーる)、もしくは直接(ちょくせつ)事務所(じむしょ)で申(もう)し込(こ)みしてください。

20160319PDF版はこちら

3月の哲学カフェ「『ほめる』ってなに?」 誰かがだれかを「ほめる」ということ。
それはいったい、どういうことなのでしょう?
そして、わたしたちは、なぜ誰かを「ほめる」のでしょう?
のんびりお茶をのみながら、「ほめる」ということについて、
じっくり考えてみます。

日時:2016年3月19日(土)14:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:鈴木径一郎(臨床哲学)
テーマ:「『ほめる』ってなに?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

一周フィリピンチラシPDF版はこちら

~平和と共存のための~3月おまつり地球一周クラブ
「フィリピンをしろう!!」
みんな、知(し)ってる??
フィリピンってどんな国(くに)?
お母(かあ)さん秘伝(ひでん)のレシピで おいしいフィリピンのお料理(りょうり)を作(つく)りながら、楽(たの)しくまなぼう!

日時(にちじ):3月31日(木)10時~13時
場所(ばしょ):とよなか国際交流センター「エトレ豊中」6階)
対象(たいしょう):小・中学生(保護者同伴可)
定員(ていいん):20人(要申込み)
参加費(さんかひ):500円(材料費) 

申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会
(担当:おおば)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター

Sho-Min-Ha1チラシPDF版はこちら

若者支援事業イベント「Sho-Ming-Ha!庶民派室内フェス!」 外国にルーツをもつ若者の出し物&出店

★ラジオの公開録音
★ダンス・歌
★活動紹介コーナー
★みんながつくるARTオブジェ、など…。
アイデア募集中!

日時:2016年3月6日(日)part1 13~16時・part2(高校生以上)17~20時
入場チケット:前売り500円・当日券600円
(チケットはドリンク・おつまみ・お菓子の券です。)
会場:ピアサロン(桜塚ショッピングセンター2階)
詳細地図(Google Map)
最寄駅:阪急宝塚線 岡町駅

問合せ&チケット販売:公益財団法人とよなか国際交流協会
TEL:06-6843-4343

20160212外国人のための確定申告相談会ちらし拡大版はこちら

外国人がいこくじんのための確定申告相談会かくていしんこくそうだんかい 外国人がいこくじんのための税金ぜいきん確定かくてい申告しんこくについての個別こべつ相談会そうだんかい多言語たげんご通訳つうやくがあり、無料むりょうですので、気軽きがる相談そうだんしにください。

日時にちじ:2015/2/12(きん)13:30~15:30
場所ばしょ:とよなか国際こくさい交流こうりゅうセンターせんたー阪急豊中駅はんきゅうとよなかえきすぐ、「エトレ豊中とよなか」6かい
電話でんわ:06-6843-4343
  申込もうしこみ:個別こべつ相談そうだん希望きぼうする場合ばあい事前じぜん予約よやくしてください。
(定員ていいん:6にん)

1月カフェ拡大版はこちら

1月哲学カフェ「送ること、送られることー ーお葬式は、誰のため?」 その日、主役はそこにいるのにいない
なきがらは何も答えない。けれど死体に語りかけてしまう。
「おかえり」が言えない「いってらっしゃい」を
あなたはどんなふうに言ってきましたか、
どんなふうに言われたいですか。

日時:2016年1月16日(土)14-16時
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:たかはら(小さめ)
テーマ:「送ること、送られることー ーお葬式は、誰のため?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

「ぼくと沖縄とみんな」(カラー版)拡大版はこちら

第8回市民セミナー
『ぼくと沖縄とみんな~夢と青春と挫折の場所「沖縄」の旅ものがたり~』上映会
◇語り:黒島トーマス友基さん
(とよなか国際交流協会てーげー部)
◇日 時:2016年1月23日(土)18時~20時
◇会 場:とよなか国際交流センター会議室2ABC
◇費 用:無 料  
◇定員:30名(申込先着順)

主催・会場:とよなか国際交流センター (水曜休館)
問合せ・申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
TEL06-6843-4343  FAX06-6843-4375
e-mail:atoms@a.zaq.jp

行政書士無料相談会チラシver3拡大版はこちら

行政書士による外国人のための無料相談会開催 ■ビザ・永住・帰化でお困りの方!
■相続・遺言でお困りの方!
■協議書・契約書作成でお困りの方!
通訳もいます。予約時にご依頼ください。(無料)
英語、韓国語、中国語、フィリピノ語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ネパール語、スペイン語、ポルトガル語

日時:12月18日(金)13時から16時
場所:とよなか国際交流センター CCスペース
定員:12人(同伴者可)
無料 予約必要
予約・お問い合わせ:06-6843-4343

共催:大阪府行政書士会豊能支部、とよなか国際交流センター

20151121media_literacy-120151121media_literacy-2拡大版はこちら

2015年度 メディアリテラシー市民ゼミナール
『メディア入門~メディアで発見!
こんなところに「日本人」』
クールジャパンや外国人観光客の増加によって、日本の素晴らしさが改めて注目されている…!のでしょうか?
メディアで毎日のように、「世界で活躍する日本人」「外国人から称賛される日本の文化」が伝えられていますが、そこに登場する「日本」「日本人」とはいったいどんなものでしょうか。
なぜ今「素晴らしさ」が強調されるのでしょうか。
いつもとは少し違った視点でテレビを見てみませんか。
本講座では、ワークショップ形式で参加者と楽しく話し合いながら進めていきます。
ワークショップ初参加の方、メディアって何?という方も、大歓迎です。
皆さんのご参加をお待ちしています。

とき:12月12日(土)・19日(土) 13:00~17:00
ところ:とよなか国際交流センター
参加費:500円(協会賛助会員は無料)
保育:1人 300円(対象:首の座った乳児~就学前の幼児/申込み締切:12月7日(月))
講師:田島知之さん (京都府立大学非常勤講師)
  登丸あすかさん(文京学院大学助教)
主催・申込み:公益財団法人とよなか国際交流協会 
 06-6843-4343/atoms@a.zaq.jp

一周クラブ JPEG拡大版はこちら

~平和と共存のための~12月おまつり地球一周クラブ with とよなかま
「ペルーのクリスマスパーティ」
“arroz verde(みどりのごはん)クリスマススペシャル”を作ります。
ペルーのお話も聴いて、楽しく過ごしましょう。

講師(こうし):ロサさん(ペルー出身)
日時(にちじ):12月12日(日)14時~16時
場所(ばしょ):とよなか国際交流センター「エトレ豊中」6階)
対象(たいしょう):小・中学生(保護者同伴可)
定員(ていいん):20人(要申込み)
参加費(さんかひ):500円(材料費) 

申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会
(担当:おおば)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター

multicultural fes 2015拡大版はこちら

第11回 多文化フェスティバル 日時:11月28日(土)10:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター(阪急豊中駅すぐ「エトレ豊中」6階)&すてっぷホール (「エトレ豊中」5階)

〈プログラム〉
「和太鼓・サンシン・サムルノリのコラボ」
10:00~10:20 @国際交流センター 会議室2ABC
子どもたちの文化発表
10:20~10:40 @国際交流センター 会議室2ABC
桜塚高校美術部生による廃材を使った作品紹介
10:40~10:55 @国際交流センター 会議室2ABC
絵画ワークショップ「大きな絵巻物をつくろう!」
11:00~16:00 @すてっぷホール

子どもスタッフ募集中!
本番までの日曜日、子ども会議を開き、準備します!
11/8,11/15,11/22 いずれも13時から15時まで
当日のみの参加もOK!


主催:(公財)とよなか国際交流協会、豊中市国際教育推進協議会
対象:外国にルーツをもつ子ども、保護者、一緒に頑張っている友だちや先生、国際教育に関心のある方々など
申込み・問合せ:(公財)とよなか国際交流協会
TEL: 06-6843-4343

哲学相談ちらし11.21拡大版はこちら

11月女性のための哲学カフェ
「あなたの小さなお悩みを(解決できないけれども)みんなでいっしょに話しあって考えます。」
あなたのお悩みは何ですか?
例えば…「私はなぜ孤独を感じるの?」
新鮮な気持ちを甦らせるにはどうすればいの?」etc.
参加者の悩みのなかから、1つを選びます。
参加者のみんなで協力して「質問」(アドバイス×)をし、
選ばれた悩みのなかにある、「ほんとうに考えたいこと」を、見つけていきましょう。


日時:2015年11月21日(土)10:30-12:30
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:かつらのぐち ゆい(カフェフィロ)
テーマ:「あなたの小さなお悩みを(解決できないけれども)みんなでいっしょに話しあって考えます。」
保育あり(0才から、無料、要事前申込:〆11/17)
定員:20名、女性のみ
【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

ようこそコリアタウンへ2
拡大版はこちら→表面
裏面(マップ)

第1回スタディツアー
「生野コリアタウン フィールドワーク」
大阪市生野区は、古代から現在に至るまでの朝鮮半島と日本列島との連綿とした歴史が脈打っています。
古代には、朝鮮半島から多くの渡来人が移り住み、海外文化の玄関口として、一大文化圏を形成していました。近代に入ると、日本の植民地支配とその結果、日本への渡航を余儀なくされた朝鮮人が定住し、以降日本最大のコリアンコミュニティとして発展してきました。
在日コリアンをはじめ、アジア・世界の人びととの豊かな出会いと交流を重ねていくことが、今後の開かれた日本とアジア・世界の関係を創っていく「カギ」となるでしょう。「ちがいを豊かさに」を肌で触れることによって、多文化共生社会を創るヒントになるフィールドワークです。
皆さん、ふるってご参加ください。

▷日 時:2015年10月17日(土)  【雨天決行】
▷集 合:JR鶴橋駅中央改札口(14:45)
▷解 散:生野区コリアタウン(17:00)
  【コースの詳細は裏面を参照】
▷費 用:500円(資料代込) 
▷定 員:15名(申込先着順)
    ※FW終了後、希望者のみの食文化交流を行います。(申込時に事前予約を)
問合せ・申込み先:(公財)とよなか国際交流協会
TEL06-6843-4343  Email:atoms@a.zaq.jp

市民セミナー第7回(カラー版)拡大版はこちら

第7回市民セミナー(語らいひろば)
『フィリピンルーツの青年の歩みから 見えてくる日本「移民」社会~シングルマザーと貧困とルーツを背景として~』
◇語り:ラボルテ雅樹さん
(とよなか国際交流協会若者支援事業コーディネーター)
◇日 時:2015年10月23日(金)18時半~20時
◇会 場:とよなか国際交流センター会議室4
◇費 用:無 料  
◇定員:25名(申込先着順)

主催・会場:とよなか国際交流センター (水曜休館)
問合せ・申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)
TEL06-6843-4343  FAX06-6843-4375
e-mail:atoms@a.zaq.jp

榎井さん報告会チラシ
拡大版はこちら

ネパール大地震現地報告会
~マイノリティの人びとの今~
2015年4月と5月にネパールを襲った大地震は、人びとの生命と生活に大きな犠牲をもたらしました。現在も十分な支援の行き届かない地域では、いまだ屋外生活を余儀なくされている人びとが多く、貧困層の生活基盤の再建、そして、女性や子どもの健康や安全確保も課題となっています。
とよなか国際交流協会は、ネパールのダリット(被差別カースト)の女性当事者団体「フェミニスト・ダリット協会(FEDO)」が実施する支援活動を応援するため、募金活動を継続しています。
9月にネパールを訪問した榎井縁さん(大阪大学特任准教授、とよなか国際交流協会理事)からFEDOはじめ、被災地の現状について報告をうけ、引き続き私たちにできることを考えたいと思います。
是非ご来場ください。

とき:2015年10月15日(木)18:30~20:00
ところ:とよなか国際交流センター
参加費:無料
報告者:榎井 縁さん
(大阪大学大学院特任准教授、公益財団法人とよなか国際交流協会理事)
申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会
電話:06-6843-4343(水曜休館)
e-mail: atoms@a.zaq.jp

9拡大版はこちら

9月哲学カフェ「性別ってなんなの!?」 あなたは男性ですか?
女性ですか?
どちらでもありませんか?
それとも両方ですか?
その性は好きですか?
他の性をどう思いますか?
性別は大事ですか?

誰もが持っている「性別」。
いちどゆっくり向かい合ってみませんか?

日時:2015年9月19日(土)15-17時
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:菊竹智之(ダイセイ)
テーマ:「性別ってなんなの!?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

2015日本語V養成講座ちらし拡大版はこちら

2015年度 「日本語ボランティア養成講座」 第1回
午前の部 「とよなか国際交流協会の取り組み」
午後の部 「外国人と共に暮らす~『戦後70年』に考える」
講師:飛田 雄一さん
(公財)神戸学生青年センター館長/NGO神戸外国人救援ネット代表

第2回「異文化理解・多文化共生のための参加型の学び」
講師:佐藤 友紀さん
特定非営利活動法人 開発教育協会理事

【参加資格】 全回参加可能で、講座終了後に協会日本語事業(以下の①~④)のいずれかの活動及びミーティングに参加できる方で、ボランティア登録時に協会賛助会員になっていただける方(年会費3000円)
①もっともっとつかえるにほんご(月曜日10時~12時)
②とよなかにほんご・木ひる(木曜日 13時半~15時半)
③とよなかにほんご・金あさ(金曜日 10時半~12時)
④にちようがちゃがちゃだん(日曜日 10時~12時、ただし第1日曜日は休み)
※②、③は子ども連れでの参加も可能です(保育あり)
【参加費】1000円(全2日)/保育有(0歳から、無料、要事前申込)
【受付開始】
2015年9月1日(火)9時から
(電話で申し込んでください。その際に、希望活動曜日もお伝えください。)
【定員】各活動5人程度(先着順)
【主催・会場】とよなか国際交流センター
【申込・問合せ】(公財)とよなか国際交流協会 
TEL:06-6843-4343

国際交流フェスタ拡大版はこちらチラシ裏面(スケジュール&見取り図)拡大版はこちら

第1回 とよなか国際交流フェスタ とよなか国際交流センター イベント
「第1回 とよなか国際交流フェスタ」

〈内容〉
・とよなか国際交流センター登録グループの活動発表
・お菓子や雑貨の販売
・エスニック・カフェ
・バザー
ほか。

いずれも入場・参加費無料。
【申込み・問い合わせ先】
とよなか国際交流協会 TEL:06-6843-4343

8月おやこでクッキング拡大版はこちらエジソン電球と科学実験拡大版はこちら

~平和と共存のための~ 8月おまつり地球一周クラブ
夏休み特別版!
1. おやこ de クッキング 「作ってみよう!韓国料理」
韓国出身(かんこくしゅっしん)のイェインさんと一緒(いっしょ)に、おいしい韓国(かんこく)の家庭料理(かていりょうり)を作(つく)ります。
韓国(かんこく)のお料理(りょうり)や文化(ぶんか)について、いろいろお話(はなし)を聞(き)きながら、おやこで楽(たの)しい時間(じかん)を過(す)ごしませんか?

とき:8月10日(月)10時~12時
ばしょ:とよなか国際交流(こくさいこうりゅう)センター
対象(たいしょう):小(しょう)・中学生(ちゅうがくせい)とその保護者(ほごしゃ)
定員(ていいん):10人(にん)
講師(こうし):チョン・イェインさん
参加費(さんかひ):1,000円(材料費(ざいりょうひ)) 
*エプロン、食器用(しょっきよう)ふきんをもってきてください。

2. エジソン電球(でんきゅう)とかんたん科学実験(かがくじっけん)
とき:8月17日(月)10時~12時
ばしょ:とよなか国際交流センター 会議室2ABC
対象(たいしょう):小(しょう)・中学生(ちゅうがくせい)(保護者(ほごしゃ)同伴可(どうはんか))
定員(ていいん):10人
参加費(さんかひ):300円(材料費(ざいりょうひ))


申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会
(担当:おおば・はしもと)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター(指定管理者)

一日相談会ちらし多言語-1一日相談会ちらし多言語-2
拡大版はこちら

外国人がいこくじんのための1にち生活せいかつ労働相談会ろうどうそうだんかい この そうだんかい では、あなた が しごと で こまっていること や ききたい こと を あなた の くに の ことば で 、せんもんか(べんごし や ぎょうせいしょし)に そうだん できます。
しごと の もんだい だけ では なく、びざ、てつづき、せいかつ、こども の こと、なんでも そうだん できます。
あなた の ひみつ は まもられます。ぜひ きてください。

にちじ:2015ねん8がつ9にち(にちようび)13じ~16じ
ばしょ:とよなか こくさい こうりゅう せんたー
※むりょうです。おかねは いりません (もうしこみ も いりません)
といあわせさき:とよなかこくさいこうりゅうせんたー
atoms@a.zaq.jp ☎06-6843-4343
しゅさい:とよなかこくさいこうりゅうせんたー/おおさかふこくさいこうりゅうざいだん(OFIX)

とよなか日本語8月の予定2015
拡大版はこちら

【お知らせ】日本語交流活動の夏休み 日本語交流活動のお休みは、次のとおりです。

〈日曜日〉8月2日、16日
〈月曜日〉8月10日、17日
〈木曜日〉8月13日、20日
〈金曜日〉8月14日

技能実習制度について知ろう!-2
拡大版はこちら

外国人支援にかかわる人のための勉強会
「外国人技能実習制度」を知ろう!
日本政府は1990年から外国人研修制度の規制緩和をすすめ、1993年に創設した技能実習制度は「技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っている」制度として運用しています。
しかし、技能実習生は、技能実習を実施する予定の職場(実習実施機関)を特定した上で「在留資格」が与えられるため、職場を移る自由がありません。このため、技能実習生が職場での待遇に不満を持っていても、抗議したり、外部に保護を求めれば職を失うかもしれないという事態を恐れるため、職場と技能実習生との間には支配従属的な関係が生じやすいという国内外の批判があり、人権侵害の事例も市民団体などから報告されています。
この勉強会では、外国人技能実習制度の概要、技能実習生の状況、そしてその課題について学び、地域における共生社会の創出に向けて、支援者に何ができるか考えたいと思います。

◇日 時:2015年8月9日(日)10時~12時
◇会 場:とよなか国際交流センター 会議室2A, 2B
◇講 師:四方久寛(しかたひさのり)さん(弁護士)
◇参加費:500円
◇定 員:50人(要申込)
◇主催:とよなか国際交流センター
◇問合せ・申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会
◇電話:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375 (水曜休館)

スパイシー編拡大版はこちら

連続講座★世界を食べよう
~夏バテ解消!世界のスパイシー料理~
暑い、あつ~~~い!夏本番がやってきます!!
そんな時に食べたくなるのが、辛くてスパイシーな料理ではないでしょうか。 韓国、インドネシアの家庭でよく食べられる辛くて美味しいお料理を、それぞれの国の文化や言葉を学びながら、楽しく作って交流してみませんか??

第1回【韓国編】
7月16日(木)10時~13時 
講師:イェインさん
内容:タットリタン(鶏肉の甘辛煮)、チェユクポックム(豚のピリ辛炒め)、ソコギムックク(牛肉と大根のスープ)他。

第2回【インドネシア編】
7月23日(木)10~13時
講師:イラさん
内容:ナシ・クニン(黄色いごはん)、スムール・ダギン(インドネシア風肉じゃが)、テンペ・ゴレン(テンペの炒めもの)他。デザートもあります!

場所:とよなか国際交流センター
費用:4,500円(材料費を含む、2回分)
申込み締切:7月12日(日)までに同センター
申込み・問合せ:(公財)とよなか国際交流協会
TEL:06-6843-4343(水曜休館)(担当:おおば・はしもと・やまね)

一周クラブ7月(ベトナム)拡大版はこちら

~平和と共存のための~7月おまつり地球一周クラブ
「シンチャオ!ベトナム」
知っていますか?
日本には今、たくさんのベトナムの人が暮らしています。
ベトナムってどんな国なのかな?
どんな言葉を話すのかな?
みんなで楽しく学んで、おいしいベトナム料理を作ってみませんか?

日時(にちじ):7月26日(日)10時~12時
場所(ばしょ):とよなか国際交流センター「エトレ豊中」6階)
対象(たいしょう):小・中学生(保護者同伴可)
定員(ていいん):10人(要申込み)
参加費(さんかひ):300円(材料費) 

申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会
(担当:大庭・山根)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター

哲学カフェチラシ拡大版はこちら

7月哲学カフェ「ひとの力になるってどういうこと?」 家や街中で、職場や学校で、ボランティアの場で、私たちはときに「ひとの力になる」または「ひとから力をもらう」ことがあります。
でも、「力になる」ってどういうことなのでしょう?
それは本当にできるのでしょうか?
ゆっくり、じっくり、一緒に考えてみませんか?

日時:2015年7月18日(土)14-16時
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:川崎唯史(カフェフィロ)
テーマ:「ひとの力になるってどういうこと?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

チョアチョア2015拡大版はこちら

2015 チョアチョア・ハングル参加者募集 ことばや遊び、歌、料理などいろいろな体験を通してコリア文化を学びます。お隣の国の文化をいっしょに学びませんか?

対象:小学生20人(保護者同伴可)
参加費:実費(材料費など)
実施日:各第4土曜日(全5回シリーズ)
時間:10時から12時
場所:とよなか国際交流センター(「エトレ豊中」6階
講師:吉 具 足(キル・ドンソク)さん

お申込み:Tel:06-6843-4343 (担当:橋本)

2015年度連続セミナーちらし-2拡大版はこちら

マイノリティの人権から共生社会を考える連続セミナー この連続セミナーは部落問題と、人権の視点でまちづくりを すすめることの重要性や、北京女性会議からの20年間をふまえて、 マイノリティ女性の視点からみた日本社会の課題について知り、 日本社会が抱える構造的な問題と私たちのかかわりについて考えます。
そして、あらゆる差別の撤廃を地域からすすめ、 すべての人びとがいかされるまちづくりを豊中で実現するため どう行動できるか、話し合います。ぜひご参加ください。
----------------------------------------------
【第1回】 6月20日(土)15:00~17:00
それぞれの部落問題~「にんげんのまちづくり」とともに~

<話し手>
・山本義彦さん(大阪市浅香地区まちづくり協議会会長/
社会福祉法人あさか会理事長)
・角岡伸彦さん(フリーライター)
<聞き手>
・大源文造さん(豊中市教育長)
-------------------------------------------------
【第2回】 6月27日(土)15:00~17:00
北京女性会議から20年~そこから学ぶこと、これからできること~

<話し手>
・藤岡美恵子さん(法政大学非常勤講師)
・皇甫康子(ファンボ・カンヂャ)さん
<聞き手>
・榎井縁さん(大阪大学 特任准教授)
---------------------------------------------
【第3回】 7月4日(土)15:00~17:00
気づき・学びから行動へ~地域で私たちにできることを考えよう~

<話し手>
・西村寿子さん(とよなか男女共同参画推進センター事務局長)
・金相文(きむ・さんむん)(とよなか国際交流進センター事務局長)
----------------------------------------------
参 加 費:無料
会 場:とよなか国際交流センター コミュニケーション・コモンスペース
申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会
電話 06-6843-4343/ FAX 06-6843-4375
E-mail atoms@a.zaq.jp

イスラム講座拡大版はこちら

在日イスラム教徒から学ぶ
~モスク見学会とイスラム講座~
最近、テレビや新聞、雑誌などで「イスラム」や「イスラム教」に関するものを目にすることが多くなりました。また、グローバル化がすすみ、日本に暮らすイスラム教徒の数も着実に増えています。
しかし、「イスラム」がどのような宗教なのか、何を大切にしているのか、また、イスラム教徒の日常生活について、実はあまりよく知られていません。
この講座では、モスク(イスラム教の礼拝堂)を訪問し、日本に暮らすイスラム教徒の方から、イスラムの教えや大切にしていること、日本での生活についてお話を聞き、日本におけるイスラムとの共生について考えます。

日時:2015年6月13日(土)10時~16時
場所:大阪中央マスジド&とよなか国際交流センター
※9時45分に阪神「千船」駅集合
参加費:1,000円(学生500円)
※別途ランチ代が1,200円必要です。
定員:中学生以上、15人(要申込・先着順)
申込締切:6月9日(火)まで

★参加にあたっての注意事項★
・女性の方は肌の露出を控え、くるぶしまでのロングスカートまたは長ズボンを着用してください。また、必ずスカーフをご持参ください(モスク見学時に必要になります)。
・男性の方も、膝より下の丈のあるズボンを着用してください。(短パンはご遠慮ください。)
・モスクに入る前の飲酒は厳禁です。


申込・問合せ:(公財)とよなか国際交流協会(水曜休館)
TEL:06-6843-4343(担当:おおば、やまね)

スリランカ編拡大版はこちら

世界を食べよう~スリランカ編~ スリランカ人のネルソンさんと楽しく交流しながら、お母さんの秘密のレシピをみんなで作ってみませんか?

【今回のメニュー】
★チキンカレー/豆カレー
★サフランライス ★つけあわせ ★セイロンティー

日時:6月25日(木)10時~13時
場所:とよなか国際交流センター
費用:2,500円(材料費を含む)
定員:12人(申込み先着順)
申込み締切:6月21日(日)までに同センター
申込み・問合せ:(公財)とよなか国際交流協会
TEL:06-6843-4343(水曜休館)(担当:おおば・はしもと・やまね)

第6回市民セミナー榎井縁VS朴隆二2015.6.12.拡大版はこちら

第6回 市民セミナー(語らい広場)「とよなか国流と私たちの歩み」
~ふたりが辿り着いた世界と大切にしてきたこと~
◇日 時:2015年6月12日(金)18時半~20時
◇会 場:とよなか国際交流センター 会議室4
◇参加費:無 料
◇定 員:25人(申込順)
◇主催・会場:とよなか国際交流センター
◇豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階
◇問合せ・申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会
◇電話:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375 (水曜休館)

2015多文化子育て支援ボランティア養成講座拡大版はこちら

2015 多文化子育て支援ボランティア養成講座 ❀日時:【第1回】5/21(木)10:00~12:00 【第2回】5/28(木)10:00~12:00 【第3回】6/4(木)10:00~12:00
❀会場:とよなか国際交流センター
❀参加資格上記の講座に全員参加可能で、講座終了後、多文化子育て支援ボランティア活動(以下の①~④)のいずれかに参加できる方。
①②③は就学前や小学校の子どもがいる方で、④は保育士資格をお持ちの方。(※保育活動は日本語で行っています。)
ボランティア登録時に、とよなか国際交流協会の基本理念に賛同し、賛助会員になっていただける方(年会費3000円)


<今回募集する多文化子育て支援ボランティア活動>(活動日時、活動場所)
①「しょうない・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、庄内図書館)
②「おかまち・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、岡町図書館)
③せんり・おやこでにほんご」
(毎週火曜10:00~12:00、千里図書館)
④「多文化子ども保育にこにこ」
(毎週金曜10:30~12:00、とよなか国際交流センター)

❀定員:①から④ 各10名(要申込み・先着順)
❀参加費 1000円
(全3回分、保育料を含む。講座初回に現金でご持参ください。)
❀申込方法:5月7日(木)9:00から必ず電話で申し込んでください。
❀申込先:06-6843-4343(毎週水曜日は休館日)
❀主催:(公財)とよなか国際交流協会 

5月拡大版はこちら

5月哲学カフェ 「心細いってどういうこと?」
わたしたちは、たくさんの人がいる町に住んでいます。
うんざりするほどの人混みも、日常の光景のひとつです。
では、人はほとんどどこにでもいるのに、
それでも心細いと感じることがあるのはどうしてでしょう?
わたしたちはどんなときに心細くなるのでしょうか?
心細さは、わたしたちにとってどんな意味があるのでしょうか?
普段はできれば感じたくない気持ちについて、
いっしょに考えてみませんか。


日時:2015年5月16日(土)14-16時
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:金和永(てつがくしゃ)
テーマ:「心細いってどういうこと?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

ネパール地震チャリティイベント・報告会チラシ-2
拡大版はこちら

ネパール地震
チャリティーイベント&現地報告会
4月25日にネパール・カトマンズでマグニチュード7.8の大規模な地震が発生し、被害は甚大です。当初5月16日に予定していたバンド・クトゥンバのメンバーも3人の家が全壊して来日が困難となり、コンサートは中止となりました。
代わりに同日、チャリティイベントとして、4月29日より10日間、被災地に支援活動のために訪れた小倉清子さんの現地報告会を開催いたします。メディアの報道だけではわからない現地の惨状や課題を知り、日本に住む私達にできることを考える機会にしたいと思います。
是非ご参加下さい。

【日時】5月16日(土)15時~17時
【報告者】小倉清子さん
【会場】すてっぷホール(阪急宝塚線・豊中駅前「エトレ豊中」5階 とよなか男女共同参画推進センター)

【小倉清子さんプロフィール】
1957年栃木県生まれ。1993年からネパールに在住し、ジャーナリストとして活動していた。マオイストとネパール政治に関する複数の記事をさまざまなメディアに発表。

【プログラム(予定)】
15:00-15:30 ・カルチャープログラム(ネパールダンスや楽器の演奏等)
・主催団体の被災地支援に関する案内
15:30-17:00 ・小倉清子さんによる現地報告

【主催】 NGOアジア友好ネットワーク、NPO法人国際交流の会とよなか、NPO法人国際交流団体未来、とよなか国際交流センター
【参加費】 無料(※当日は会場にて寄付金を募らせていただき、報告者の小倉清子さんならびに主催団体が実施予定の被災地支援活動に役立てさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。)

【定員】 150人(要申込)、一時保育あり(首がすわっている乳児~小学3年生まで。無料)

【問合せ・申込】 公益財団法人とよなか国際交流協会(とよなか国際交流センター指定管理者) tel 06-6843-4343 (水曜休館)

ボランティア説明会2015

ボランティア説明会2015 きっとみつかる! 国際交流ボランティア 「国際交流や多文化共生には興味があるけど、自分に何ができるんだろう?」
「何か地域でできるボランティアを探している」
「とよなか国際交流センターって何をしているところなんだろう?」
「○△語が話せるけど、何か社会の役にたてることはあるかな?」・・・
そんな疑問がある方、ぜひとよなか国際交流センターにお越しください。この説明会では、センターの指定管理団体であるとよなか国際交流協会の事業やボランティアなど活動に参加できる方法について、職員およびボランティアがお話します。
関心がある方はぜひお気軽にお越しください!

日時:2015年5月9日(土)14時から15時半
会場:とよなか国際交流センター CCスペース
申込み:とよなか国際交流協会まで
お電話、FAXまたはEメールでお名前とご連絡先をお知らせ下さい。
(受付時間:水曜を除く毎日9:00~17:00)
定員: 40人(申込先着順)
参加費:無料 (一時保育有り、無料、5月7日までに要申込み、首がすわっている乳児~小3以下)
主催・会場: とよなか国際交流センター
豊中市玉井町1-1-1-601 エトレとよなか6階
申込・問合先:公益財団法人とよなか国際交流協会 (水曜休館)
電話:06-6843-4343 FAX::06-6843-4375
E-mail: atoms@a.zaq.jp http://www.a-atoms.info/

150321 philosophy cafe

3月哲学カフェ「…『近く』でしていることは何ですか?」
歩いていけるところ、あるいは手の届く範囲、
ささやく声の聞こえる距離。
気づけば「遠く」とつながり、かかわれる今だから、
私たちが日頃「近く」でしていることについて、
お茶を飲みながら、ゆっくりじっくりと考えます。


日時:2015年3月21日(土)14-16時
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:鈴木径一郎(臨床哲学)
テーマ:「・・・「近く」でしていることは何ですか?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

多文化共生(表面)文字修正版多文化共生指針シンポチラシ(裏面修正)

多文化共生指針策定1周年記念シンポジウム
『多様な文化が輝き、豊かで魅力あるまちづくり』
 豊中市は昨年(2014年)2月に、これまでの「国際化施策推進基本方針」を継承発展させ、共に生き共にすすめる国際化のための『多文化共生指針』を策定しました。
「多文化共生指針」策定1周年を記念して、多様な文化が輝き、豊かで魅力あるまちづくりをすすめるためのシンポジウムを開催いたします。
皆さんもご一緒に、多文化共生社会のあり方について考えてみませんか。

日 時:2015年3月13日(金)午後2時~4時半
場 所:とよなか国際交流センター 会議室2ABC
内 容:【1部】文化公演:安聖民さんのパンソリ
    【2部】記念シンポジウム
      ①パネルディスカッション
      ②意見交流(ワークショップ形式)
      ③まとめ

〈パネラー〉
  浜田 進士さん(子どもの権利条約総合研究所 関西事務所 所長)
  葛西 芙紗さん((特非)国際交流とよなか TIFA代表)
  弘中 伸明さん(豊中市人権文化部人権政策室 主幹)
   若者支援事業コーディネーター ((公財)とよなか国際交流協会)
  【進行:金 相 文((公財)とよなか国際交流協会 事務局長)】

費 用:無 料 
  定 員:80人(申込先着順)
申込・問合せ先:(公財)とよなか国際交流協会(センター指定管理者)
           TEL:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375
Email:atoms@a.zaq.jp (水曜休館)

メディアリテラシー

メディアリテラシー講座 「対話で作る私たちのメディア」 テレビを見ていて、どうしてこんな内容になっているの?と不思議に思ったことはありませんか。
ネットを見ながら、もっとこんな情報があるといいのにと感じることはないでしょうか。
 これらのメディアのありかたを見つめなおすことは、文化の多様性が尊重される社会をつくっていくためにかかせません。
この講座では、メディアに登場する「外国」「外国人」の姿を、参加者同士の対話を通して分析します。そのうえでグループでの映像づくりにとりくみます。

日時:2015年①3月14日(土)13時~17時
         ②3月15日(日)10時~16時
場所:とよなか国際交流センター(エトレ豊中6階)
講師:田島知之さん(京都府立大学非常勤講師)
参加費:500円(協会賛助会員は無料)
定員:30人
保育:一人当たり500円 (賛助会員の子どもは無料。3月10日まで要予約)
申込み・問合せ・主催:(公財)とよなか国際交流協会 (水曜休館)
TEL 06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp

3.12やさしい日本語訂正分

日本語ボランティアのための「やさしい日本語」講座
~防災・減災の視点から考える~
“建物が倒壊”“高台へ避難”“避難所へ誘導”
災害時や緊急時に使われるこれらの言葉は外国人にとって理解が難しい場合があります。そんな時に役立つのが、ふつうの日本語よりも簡単で外国人にも分かりやすい「やさしい日本語」です。
本講座では、防災・減災という視点から「やさしい日本語」の有効性を学び、実際に「やさしい日本語」を使った文章を作るワークショップを行います。

日時:2015年3月12日(木) 10:00~12:00
講 師:水野義道先生(京都工芸繊維大学教授)
場 所:とよなか国際交流センター
参加費:無料(お電話、ファックス、メールでお申込みください)
定 員:40人
申込・お問合せ:公益財団法人とよなか国際交流協会
電話06-6843-4343 FAX06-6843-4375
メール atoms@a.zaq.jp
(水曜休館)

外国人向け健康勉強会・相談会ちらし

「発達障害はったつしょうがいってなに?」&無料健康相談会むりょうけんこうそうだんかい 発達障害はったつしょうがいは、脳機能のうきのう発達はったつかんするしょうがいです。発達障害はったつしょうがいのあるどもは、他人たにんとの関係かんけいづくりやコミュニケーションこみゅにけーしょんが、とても苦手にがてですが、すぐれた能力のうりょく発揮はっきされている場合ばあいもあります。発達障害はったつしょうがいひとたちが個々ここ能力のうりょくばしていくためには、どものうちからの「づき」と「適切てきせつサポートさぽーと」、そして、発達障害はったつしょうがいたいするわたしたち一人一人ひとりひとり理解りかい必要ひつようです。
この勉強会べんきょうかいでは、専門家せんもんかから発達障害はったつしょうがいについてまなびます。勉強会べんきょうかいあとに、講師こうし医療関係者いりょうかんけいしゃ保健師ほけんしが、あなた自身じしん健康けんこう不安ふあんや、どもの病気びょうき発達はったつかんする相談そうだん個別こべつ無料むりょう対応たいおうします。
会場かいじょうには健康けんこうチェックコーナーちぇっくこーなーもあります。相談会そうだんかいだけの参加さんかもOK!お気軽きがるにおください!

日時にちじ:2015/2 /27 (金曜日きんようび)13:00 ~16:00
参加費さんかひ無料むりょう
勉強会べんきょうかい13:00~14:00/個別こべつ相談会そうだんかい14:15~16:00)
相談会そうだんかい受付うけつけは14:00~開始かいし
場所ばしょ:とよなか国際こくさい交流こうりゅうセンターせんたー
講師こうし)松岡まつおか太郎たろうさん(豊中市とよなかし保健所ほけんしょ所長しょちょう/小児科医しょうにかい
対象たいしょう外国人がいこくじん住民じゅうみん
 ※講義こうぎ日本語にほんご上記じょうき9カ国語かこくご通訳つうやくがあります。
保育ほいくあり (無料むりょう要予約ようよやく
主催しゅさい:とよなか国際こくさい交流こうりゅうセンターせんたー/NPO法人ほうじんチャームちゃーむ
協力きょうりょく豊中市とよなかし保健ほけんセンターせんたー
もうみ・といあわせ:公益こうえき財団ざいだん法人ほうじんとよなか国際こくさい交流こうりゅう協会きょうかい
 TEL: 06-6843-4343/E-mail : atoms@a.zaq.jp
電話でんわ、Eメールめーる、もしくは直接ちょくせつ事務所じむしょもうみしてください。

中国春節交流会

中国春節親睦会 / 2015庆新春中国人联谊会 庆新春中国人联谊会

地点:丰中国际交流协会料理室
时间:2月14日(周六)10:00〜15:00
对象:住在日本的中国人及家属
费用:500日元 (小学生以下免费)
内容:一起包饺子并交流
定员:30人

******************************************
中国ちゅうごく 春節しゅんせつ親睦会しんぼくかい

日時にちじ:2 がつ14 にち )10 ~15
場所ばしょ/ 主催しゅさい:とよなか 国際交流こくさいこうりゅう センターせんたー
参加費さんかひ:500 えん 材料費ざいりょうひ
対象たいしょう 在住ざいじゅう 中国人ちゅうごくじん 家族かぞく

問合といあわ さき 公益財団法人こうえきざいだんほうじんとよなか 国際交流こくさいこうりゅう 協会きょうかい
〒560-0026 大阪府おおさかふ 豊中市とよなかし 玉井町たまいちょう1-1-1-601(「エトレ 豊中とよなか」6 かい
阪急宝塚線はんきゅうたからづかせん 豊中駅とよなかえき 下車.げしゃすぐ
Tel : 06-6843-4343

無法地帯の協議離婚シンポ表無法地帯の協議離婚シンポチラシ裏

シンポジウム 勝手に離婚されるだけじゃない!
無法地帯の協議離婚を考える~国際結婚のケースから~
協議離婚制度は、当事者の合意のみで離婚が成立する、非常に簡便な制度ですが、 日本、韓国、台湾にしかなく、世界的にはまれな制度です。この簡便さから、勝手に離婚届を出されてしまうということが可能になってしまっています。
このように、協議離婚制度は、子どもや経済的に不利な女性、そして外国人といった、 社会的弱者に大きなしわ寄せを及ぼす、非常に問題の多い制度と言えます。
このシンポジウムでは、国際結婚の事例をもとに、協議離婚制度の問題について提起し、 議論を深めたいと思います。
法律業務に携わる方、子どもや外国人を支援するソーシャル・ワーカー、 その他ご関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。


日時:2015年2月22日(日)13時~16時
場所:とよなか国際交流センター
参加費:無料(お電話、ファックス、メールでお申込みください)
一時保育:2月19日(木)までに要申込み(1歳以上~小学3年生まで。無料)
主催:とよなか国際交流センター
協力:いくの学園、NGO神戸外国人救援ネット、京都YWCA・APT、 RINKすべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク
後援:大阪弁護士会、日本家族〈社会と法〉学会

お問合せ・申込み:
公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)

市民セミナー第5回(カラー版)

第4回市民セミナー(語らい広場)
「地域に暮らす当事者の思いとその支援~みんなでともにいきる社会をめざして~」
精神障害者のよりよい暮らしを目指し、「みのお・とよなか・いけだ」の3地域で30年にわたって、活動を続けてこられた社会福祉法人みとい福祉会の松岡洋二さん(理事長)と足立望さん(精神健康福祉士)と精神障害当事者さんから、地域での生活の体験談や想いを聞くと同時に、その支援のあり方について学びます。また、「多様な人々が共に生きる」意味を参加者と一緒に考えたいと思います。

◇日 時:2015年1月23日(金)18時半~20時
◇会 場:とよなか国際交流センター 会議室4
◇参加費:無 料
◇定 員:30人(申込順)
◇主催・会場:とよなか国際交流センター
◇豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階
◇問合せ・申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会
◇電話:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375 (水曜休館)

1月エジプト

~平和と共存のための~1月おまつり地球一周クラブ
「イスラームをまなぼう!!」
エジプトってどんなくに?
イスラームってなんだろう?
エジプトからやってきた先生にイスラーム文化のことを聞いてみよう!
エジプトの料理「ミルクライス」も一緒につくるよ!

日時(にちじ):1月18日(日)10時~12時
場所(ばしょ):とよなか国際交流センター「エトレ豊中」6階)
対象(たいしょう):小・中学生(保護者同伴可)
定員(ていいん):20人(要申込み)
参加費(さんかひ):300円(材料費) 

申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会(担当:金・山根)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター

20150206&20確定申告相談会ちらし

外国人がいこくじんのための確定申告相談会かくていしんこくそうだんかい 外国人がいこくじんのための税金ぜいきん確定かくてい申告しんこくについての個別こべつ相談会そうだんかい多言語たげんご通訳つうやくがあり、無料むりょうですので、気軽きがる相談そうだんしにください。

日時にちじ:2015/2/7&21(きん)13:00~16:00
場所ばしょ:とよなか国際こくさい交流こうりゅうセンターせんたー阪急豊中駅はんきゅうとよなかえきすぐ、「エトレ豊中とよなか」6かい
電話でんわ:06-6843-4343
  申込もうしこみ:個別こべつ相談そうだん希望きぼうする場合ばあい事前じぜん予約よやくしてください。(定員ていいん各日かくじつ5にんずつ)

140117_子ども日本語養成講座募集チラシ(表紙)140117_子ども日本語養成講座募集チラシ(裏表紙)

子どもの日本語指導者養成講座 受講者募集 ❀日時:2015/1/17(土)午前10時~午後5時
❀会場:とよなか国際交流センター
❀対象:下記の①、②の条件を満たす方。
①講座修了後、「とよなかこども日本語教室」に週3回(月・木・土)継続的に関わることの出来る方。※学校の先生の場合は週1だけの参加も歓迎します。
②上記の講座をすべて受講できる方。

❀定員:30名(要申込み・先着順)  ❀参加費 500円(資料代)
❀申込方法:電話、もしくは来館にて受付。
❀申込先:06-6843-4343 (水曜休館・年末年始12/29~1/3休館)
❀主催:豊中市教育委員会・日本語指導者グループ「とよなかJSL」・(公財)とよなか国際交流協会 

哲学カフェ2015

1月哲学カフェ 「『住む』ってどういうこと?」
寝る、起きる、食べる、片付ける、運び込む、捨てる、置く、つくる、休む、思い出す。
ひとりで住んでいたり、「おかえりなさい」を言ってもらったり、すきまかぜがあったり、いきぐるしかったり、暖かかったりする。
窓、ドアノブ、お風呂、蛇口、カーペット、本棚、コップ、アルバム、植木鉢、トイレ、食卓、冷蔵庫、予定、ゴミ、カレンダー、あたりまえのようにそこに並んでいて、使いこなしている。
大豪邸でも、段ボールの中でも、洞窟でも、草原でも、防空壕でも、避難所でも、とにかくわたしたちは棲みついて、住んでしまう。
そしてとつぜん住み慣れた住まいを失ったひとびとのすがたを見て、言葉を失う。
「住む」、これはなんなのでしょうか。


日時:2015年1月17日(土)14-16時
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:高原耕平(インセイ)
テーマ:「『住む』ってどういうこと?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センターandカフェフィロ
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

20141212EFTこうしゅうかい

こころ からだ解放 かいほうしよう!
EFT(感情 かんじょう解放 かいほうテクニック てくにっくセミナー せみなー
この講習会 こうしゅうかいでは、自分 じぶんこころ からだストレス すとれす緩和 かんわのため、感情解放 かんじょうかいほうテクニック てくにっくをもつ(Emotion Freedom Technic-EFT)について まなびます。
こころ からだストレス すとれす自分自身 じぶんじしん対処 たいしょするために、つかえるようになれる実践的 じっせんてき内容 ないようです。
EFTとは、 からだのつぼを かるタッピング たっぴんぐして刺激 しげきすることによって、 からだなかエネルギー えねるぎー )の ながれがよくなり、身体症状 しんたいしょうじょうストレス すとれすネガティブ ねがてぃぶ感情 かんじょうなどを解放 かいほうすることができるというセラピー せらぴーです。
日本 にほんでの生活 せいかつ育児 いくじ仕事 しごと人間関係 にんげんかんけいなどでストレス すとれす かんじている ひとはぜひきてください。ぜひご参加 さんかください!

日時 にちじ:2014 ねん12 がつ12 にち (きん)13:00~15:00
講師 こうし中萩 なかはぎエルザ えるざさんブラジル ぶらじる じん医師 いし
参加費 さんかひ無料 むりょう
対象 たいしょう外国人 がいこくじん
講義 こうぎ日本語 にほんご。8か国語 こくご通訳 つうやくがあります。
場所 ばしょ:とよなか国際交流センター こくさいこうりゅうせんたー
阪急豊中駅 はんきゅうとよなかえきすぐ、「エトレ豊中 えとれとよなか」6 かい
申込 もうしこみ:要申込 ようもうしこ み。
電話 でんわ:06-6843-4343(水曜休館 すいようきゅうかん
保育 ほいくあり。(0 さい~。予約 よやくがいります)

2014通訳ボランティア養成講座ちらし

コミュニティ通訳ボランティア養成講座 今年度より、地域の外国人が安心して暮らせる、コミュニケーションの橋渡しをするコミュニティ通訳を養成し、市内中間支援組織からの要請時に通訳派遣をする取り組みをはじめます。
養成講座では、外国人が抱える課題や当協会の活動紹介、通訳者に求められる基本的なスキルや心構えなどについて学びます。
ご自身の語学力を地域のためにいかしたい、外国人支援に役立てたい方、ご参加お待ちしております。

第1回「外国人の現状と課題、とよなか国流紹介」 山本愛さん(協会職員)
第2回「通訳者に必要な心構えとスキル」園崎寿子さん(英語・タガログ語通訳者)
第3回「模擬通訳を体験してみよう!」園崎寿子さん(同上)

【ボランティア登録資格】
・日本語と日本語以外の言語でコミュニケーションができる方。
・全回参加可能で、講座終了後にとよなか国際交流協会のコミュニティ通訳ボランティアに登録できる方で、協会事業に賛同し、賛助会員になっていただける方(年会費3000円(2015年4月~2016年3月))

【参加費】500円
【受付開始】
2015年1月5日(月)9時から
(電話で申し込んでください。その際に、通訳が可能な言語もお伝えください。)
【定員】20人程度(申込先着順)
【会場】とよなか国際交流センター
【主催・申込・問合せ】(公財)とよなか国際交流協会 
TEL:06-6843-4343

12月フィリピン

~平和と共存のための~12月おまつり地球一周クラブ
「Maligayang Pasko !!」
もうすぐみなさんが大好きなクリスマスがやってきますね♪
フィリピンのクリスマスって日本とちがうのかな?
かわいいほしがたのかざりを作りながら学んでみよう!

日時(にちじ):12月14日(日)10時~12時
場所(ばしょ):とよなか国際交流センター「エトレ豊中」6階)
対象(たいしょう):小・中学生(保護者同伴可)
定員(ていいん):20人(要申込み)
参加費(さんかひ):500円(材料費) 

申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会(担当:金・山根)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター

うたごころJPEG表うたごころJPEG裏

ドキュメンタリー映画「うたごころ」《2012年版》上映会 ~特別企画~「阪神・淡路大震災から20年を前に」
ドキュメンタリー映画「うたごころ《2012年版》」上映会&監督講演会

 「うたごころ(2012版)」は、東日本大震災の被災地・宮城県南三陸町を舞台に、自宅と親族5人を津波で失った女子高校生のひたむきに生きる姿と、“再生の日々”を記録したドキュメンタリー映画です。上映後には榛葉健監督に作品に込められた想いについて講演していただきます。  東日本大震災から4年、そして阪神・淡路大震災から20年が経とうとする今、震災を風化させず、あらためて地域でできることを考えるために、豊中において上映会を実施いたします。ぜひ、お越しください。

日時:2014年12月13日(土)13:30開演~16:00終了(開場13時、映画本編112分、監督講演20分)

<終了後、とよなか国際交流センター(エトレ豊中6階)にて監督との交流会を行います。当日ご案内・受け付けいたします>

会場:とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」ホール
(阪急宝塚線「豊中」駅前「エトレとよなか」5階) 豊中市玉井町1-1-1-501
入場料:一般 当日1200円、前売1000円 / 学生 当日800円、前売700円

※前売り券はとよなか男女共同参画推進センターおよびとよなか国際交流センターにて12月12日(金)17時まで販売。電話予約で当日精算も可能。
※一旦ご購入いただいた前売り券の払い戻しはできません。また、ご予約のキャンセルは12月11日(木)までにご連絡下さい。
※就学前のお子様の入場はご遠慮いただいております(保育あり)

定員:150人
一時保育:有(1歳以上、お子様1人につき300円)※12月8日までに要申込み
主催:とよなか国際交流センター、とよなか男女共同参画推進センター
チケット予約・問合せ先:
公益財団法人とよなか国際交流協会(とよなか国際交流センター指定管理者)
電話 06-6843-4343 FAX:06-6843-4375  E-mail:atoms@a.zaq.jp  URL http://www.a-atoms.info 業務受付時間 9:00~17:00(水曜休館)
一般財団法人とよなか男女共同参画推進協会(とよなか男女共同参画推進センター指定管理者)
電話 06-6844-9773 URL http://www.toyonaka-step.jp/index.html 業務受付時間 9:00~17:30(水曜休館)

後援:豊中市教育委員会、とよなか市民活動共同デスク、ESDとよなか連絡会議

141115哲学カフェ

11月哲学カフェ「脱毛したい?」
脱毛したい?
脱毛したい?したくない?
もうしてる?まだしてない?
なぜ?
毛が生えてくるのはいや?
べつに気にならない?
どうして?
そもそも毛ってどういうもの??
……ゆっくり一緒に考えてみませんか。

日時:2014年11月15日(土)14-16時
場所:とよなか国際交流センター「C.C.スペース」
進行役:川崎唯史(カフェフィロ)
テーマ:「私の人生は誰のもの?」

【申込・問合せ】
(公財)とよなか国際交流協会 Tel:06-6843-4343
主催:とよなか国際交流センター、カフェフィロ
共催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
協力:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室

市民セミナー第4回(カラー版)その1

第3回市民セミナー(語らい広場)
「世界のさまざまな音楽とヒューマンライツ?」
第4回の市民セミナーは、講師に松本城洲夫さんとアンサンブル・サビーナをお迎えして、「世界のさまざまな音楽とヒューマンライツ」という題でお話していただきます。
【今回の市民セミナー開催にあたって】
皆さんも知っている有名なクラッシク曲や世界的に知られている音楽には、人間の怒りや情熱、そして、個の尊厳をかけてできあがった曲や音楽がたくさんあります。
それぞれの曲に込められた人々の願いや音楽が生まれた背景の語りとともに、演奏を聴いていただきます。

◇日 時:2014年12月5日(金)18時半~20時半
◇会 場:とよなか国際交流センター 会議室2abc
◇参加費:無 料
◇定 員:80人(申込順)
◇主催・会場:とよなか国際交流センター
◇豊中市玉井町1-1-1-601 エトレ豊中6階
◇問合せ・申込み先:公益財団法人とよなか国際交流協会
◇電話:06-6843-4343 FAX:06-6843-4375 (水曜休館)

2014パート2-12014パート2-2

国際交流と人権を考えよう PART2
~ステージ発表ほか
とよなか国際交流センター 秋のイベント第二弾
「国際交流と人権を考えよう PART2」

〈内容〉
・いろいろな国のダンス
・音楽ライブ
・演劇ワークショップ
・世界の料理やお菓子
・バザー
・日本文化にふれてみよう~お茶会~
・講演会「阪神大震災から20年を前に~」ほか
ほか。
【問い合わせ先】
とよなか国際交流センター TEL:06-6843-4343

2014 multicultural fesEPSON MFP image

第10回 多文化フェスティバル 日時:11月29日(日)10:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター(阪急豊中駅すぐ「エトレ豊中」6階)&すてっぷホール (「エトレ豊中」5階)

【子どもと大人のプログラム】
●「外国語絵本の読み聞かせ」
10:00~11:30@国際交流センター 会議室2ABC

【子どものプログラム】
●多文化な子どもがつくる多文化な子どものまち「たぶんかミニとよなか」11:30~16:00 @すてっぷホール
子どもたちでアイデアを出し合ってまちをつくっていきます。銀行、世界の食堂、デザイナー、図書館などなど、いろんな仕事が体験できる、子どもが主役のまちです。

子どもスタッフ募集中!
本番までの日曜日、子ども会議を開き、準備します!
10/19,10/26,11/9,11/16,11/23 いずれも13時から15時まで
当日のみの参加もOK!


【おとなプログラム】 
●インターナショナル・カフェ
・バリ島の人たちと交流する高校生による発表
・ジョン・プリティキンさんの講演会
13:00~16:00 @国際交流センター CCスペース

主催:(公財)とよなか国際交流協会、豊中市国際教育推進協議会
対象:外国にルーツをもつ子ども、保護者、一緒に頑張っている友だちや先生、国際教育に関心のある方々など
申込み・問合せ:(公財)とよなか国際交流協会
TEL: 06-6843-4343

10月ジャンボケニア

~平和と共存のための~おまつり地球一周クラブ 10月
「Jambo!Kenya!」
ケニアはアフリカの国。
名前は知っていてもわからないことがいっぱい。
着るもの、食べもの、学校のようす。
いろいろわかったら、ケニアのおやつ、サンブーケ(ケニア風サモサ)をつくって食べよう!

日時(にちじ):10月19日(日)10時~12時
場所(ばしょ):とよなか国際交流センター「エトレ豊中」6階)
対象(たいしょう):小・中学生(保護者同伴可)
定員(ていいん):20人(要申込み)
参加費(さんかひ):500円(材料費) 

申込・問合せ: 公益財団法人とよなか国際交流協会(担当:金・山根)
Tel:06-6843-4343  Email atoms@a.zaq.jp
【主催】とよなか国際交流協会センター

PAGE TOP