公益財団法人 とよなか国際交流協会

どんなことをしているの?

外国人が安心して集える居場所づくり&エンパワーメントをすすめる事業や多文化共生社会を推進するひとづくりを中心に、さまざまな活動を地域や学校と連携しながら日常的に展開しています。

事業体系紹介

それぞれの事業群名にカーソルを合わせるとその概要が表示されます。
また、クリックするとその事業群内の各事業の詳細がご覧になれます。

事業の分類

事業の内容は次の4つにまとめられています。

多様な人びとが尊重される地域づくり事業

マジョリティ社会を変革するために、地域と協働することによって実現する社会づくり事業
具体的には、市民主体の国際交流活動の支援(市民主体の国際交流活動推進事業)、市民参加によって形成された様々な形の日本語活動への支援(おとな国際事業)、活動を充実させるための対話や学び(持続可能な地域づくり事業)、研修の場の提供(持続可能なひとづくり事業)、日本人の子どもやおとなをターゲットに対象の裾野を広げる事業(こども国際事業、多文化共生推進事業)などがこれにあたります。

日本語交流活動

2周縁化される外国人のための総合的なしくみづくり事業

マイノリティの権利を保障するため、周縁化される外国人を「安心・エンパワメント」「ピア・ロールモデル」などのキーワードでつなげることにより、社会的排除を受けないしくみをつくる事業。
具体的には、外国人のための生活相談やその解決のためのネットワークづくり(おとなサポート事業)、外国人の子どものエンパワメントのための多文化保育や子ども母語、子どもの居場所づくり、学習保障のための子どもの日本語(子どもサポート事業)などがこれにあたります。

多言語での相談サービス

外国にルーツを持つ子どもたちのための活動

3学校とつながってつくる豊かな未来事業

次世代を育成していく中で重要な役割を担う地域の学校との協働事業を行うことにより、多文化共生を推進していく拠点をつくる事業。
具体的には、豊中市教育委員会が推進する豊中型国際教育への協力、豊中市内すべての小学校で行われている小学校外国語体験活動事業への協力などがこれにあたります。

4施設管理受託事業

国際交流センター貸室業務は、定款の事業目的である国際交流の機会提供および参加促進の事業、国際理解および国際化に関する事業、在住外国人に対する支援事業などを推進していく活動ならびに同様の国際交流を目的として使用する一般市民を対象に行うものです。同目的の利用がなく、部屋が空いている場合は利益目的でない限りにおいて一般利用者にも貸室をおこなっています。また貸室の利用代金に関する収入はすべて豊中市に納めています。

どうしたら参加できるの?

各種講座・セミナーに参加する

協会主催のさまざまな催しに参加いただけます。(協会ウェブサイトや市の広報誌、協会の発行する「とよなか国際交流協会おしらせ」に情報掲載)

「とよなか国際交流センターおしらせ」バックナンバー

ボランティアをする

留学生とのホストファミリー交流・日本語交流活動・多文化子育てなどの協会事業で、不定期的にボランティア募集や養成講座を行っています。詳細はお問い合わせ下さい。

外国人のために

どんなところにあるの?

とよなか国際交流センター(以下センター)は阪急豊中駅直結のエトレ豊中ビル6階にあります。

アクセスはこちら

国際交流関連図書や情報誌、交流掲示板、インターネット閲覧用のパソコンがあり国際交流に関心のあるかたならどなたでもお越しいただけます。また、国際交流活動を推進するために会議室の貸室業務も行っております。詳しくは豊中市ウェブサイトをご覧ください。

豊中市ウェブサイト(とよなか国際交流センター)