公益財団法人 とよなか国際交流協会

協会概要

とよなか国際交流協会は、豊中市や関係団体等と連絡を図りながら、人権尊重を基調とした住民主体の国際交流活動を推進することにより、世界の多様な文化及び人びととの相互認識と理解を深めるとともに、地域の国際化を促進し、新しい地域文化の創造と平和で平等な地域社会づくりに寄与することを目的として1993年に設立され、2012年4月1日からは公益財団法人として、公益法人認定表「12 人権、性別その他の事由による不当な差別又は偏見の防止及び根絶を目的とする事業」ならびに「15 国際相互理解の促進及び発展途上にある海外の地域に対する経済協力を目的とする事業」に分類される、「地域における市民の主体的な参加による人権尊重を基調とした多文化共生社会を創出する事業」をその公益目的事業として行うことを認定されました。その目的を達成するためにパートナーとしての地域と学校とともに「地域づくり」「人づくり」を推進すると同時に、マイノリティである外国人が自立していける「しくみづくり」を推進し、誰もが暮らしやすい社会を創造していきます。

設立の経緯

1989年9月
豊中市長の依頼により、豊中市国際交流委員会が発足
1990年7月
豊中市文化課に国際交流係が設置される
1991年9月
豊中市国際交流委員会の提言書「豊中市の目指す国際交流」がまとまる
1993年10月
財団法人とよなか国際交流協会、大阪府より設立許可
2010年2月
エトレ豊中6Fへ移転
2011年4月
とよなか国際交流センターの指定管理者となる。2012年4月公益財団法人へ移行
2013年10月
とよなか国際交流協会が設立20周年を迎える

基本理念

市民の主体的で広範な参加により、
人権尊重を基調とした国際交流活動を地域から進め、
世界とつながる多文化共生の社会をつくる。

受賞歴

受賞日 受賞内容
2016.10 大阪NPOセンター CSOアワード CSO賞
2014.01 第13回大阪弁護士会人権賞
2013.05 憲法記念日 大阪府知事 公共関係功労者賞
2013.02 公益財団法人 パナソニック教育財団 2012年度「子どもたちの“こころを育む活動”」奨励賞

年次報告書

役員名簿

役員名簿(2017年7月現在)(PDF:86.4KB)

財団情報